HOME 〉

JOURNAL / 世界の食トレンド

England [London]

エリザベス女王即位70周年を祝う製菓コンペで優勝したプディングとは?

Jul 14, 2022

text by Yuka Hasegawa / photograph by David Loftus(pudding), Nicky Johnston(people)

2022年6月上旬、エリザベス女王の即位70年を記念する行事「プラチナ・ジュビリー」が、英国中で華やかに繰り広げられた。4日間に渡るこの歴史的祝祭イベントにコラボし、王室御用達である高級食料品ブランド「フォートナム・アンド・メイソン(FORTNUM & MASON)」は、女王に捧げるデザートを提案するベーキング・コンテスト「プラチナ・プディング・コンペティション」を主催、最終審査の模様は『ザ・ジュビリー・プディング:70 years in Baking』と題されBBCで放映された。

女王の晴れの舞台にふさわしいものであり、かつ家庭で手軽に作れるデザートであることなどが条件とされ、英国に住む8歳から108歳までの約5000人が応募したという同コンペティション。英国でカリスマ的人気を誇る料理研究家のメアリー・ベリーさんを中心とした審査員チームの全員一致で優勝したのが、英北西部マージーサイドに住む、ジェマ・メルヴィンさんの「レモン・スイスロールとアマレッティのトライフル」だ。エリザベス女王と故フィリップ殿下結婚式でふるまわれた冷製デザートのレモンポセットとアマレッティビスケットにヒントを得たという。受賞が発表されてからはYouTubeやSNSで作り方が多数投稿され、大きな話題になった。

今までも英王室の主要行事の際には、「ヴィクトリアスポンジ」や「コロネーションチキン」など、王室にちなんだお菓子や料理が考案され、その後一般の家庭に浸透していった。今回、公式プディングに輝いたジェマさんのオリジナルデザートも、「この先長い間作り続けられ、そして愛される、英国を代表するプディングになることでしょう」と、審査員の1人である、「フォートナム・アンド・メイソン」エグゼクティブ・ペストリー・シェフのロジャー・パイジー氏はBBCの番組の中で語っていた。

(トップ写真)プラチナ・ジュビリーの公式プディング。レモンカードのスイスロール、オレンジとレモンのゼリー、カスタード、アマレッティビスケット、マンダリンのソース、生クリームが層になった、独創的なトライフル。

(写真2枚目)左から「フォートナム&メイソン」ロジャー・パイジー氏、コンペの優勝者ジェマ・メルヴィンさん、料理研究家のメアリー・ベリーさん、審査員を務めた人気シェフのモニカ・ギャレッティ氏。



◎The Jubilee Pudding: 70 Years in the Baking
https://www.bbc.co.uk/programmes/m00178bg

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。