HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Germany[Berlin]

人気カフェが取り組む“ゴミゼロ”経営

Sep 06, 2018

  • 世界中に広まる、ゼロ・ウェイスト運動。人気のカフェ「イスラ・コーヒー・ベルリン」では、食材作りから仕入れ、調理までを見直してゴミを減らす、サステイナブルな循環型の経済システムを目指し、今年度のドイツ飲食店創立者賞5部門を総なめにした。

    「完全にゴミゼロにすることが目的ではない」とオーナーのピーター・デュラン。「おいしく食べてもらうことが第一。でも高品質の食材を直接地元の生産者から買って、余さず丸ごと調理するようにすればゴミも減る」。お客にも興味を持ってもらえるよう、料理など目に見える形でもこの試みに取り組む。

    余ったミルクはヨーグルトやリコッタに。硬くなったパンで作るパンプディングは、週末のブランチで人気の一品だ。使い捨てカップは、コーヒーかすと木屑を混ぜて成形したものを使う。

    この経営システムは時間がかかるが、シンプルで難しいものではなく経済効果もあるとデュラン。最終的にはアイデアをシェアし、フランチャイズ化したいと考えているそうだ。

    (『料理通信』2018年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Isla Coffee
    Hermannstrasse 37, D-12049 Berlin
    7:30~18:00 (土曜、日曜9:00~)
    無休
    ブランチは週末のみ 6.5~ 9.5ユーロ
    Instagram @islacoffeeberlin

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD