HOME 〉

JOURNAL / 世界の食トレンド

Germany [Berlin]

シンガーのP!NKが大絶賛! 北ドイツ発の“アマーロ”

Feb 17, 2022

text by Hideko Kawachi / photo by Gianni Plescia

「ベルリンに住んでいる人が羨ましい!」という大絶賛のコメントと共にInstagramにアップされた、ハーブリキュール「アマーロ(AMARO)」のボトル。2021年秋、シンガーP!NKの投稿に9万以上の“いいね”が付いた。「200本が1日で売り切れたんです」とテオ・リグトハルトさんは笑う。テオさんは、このアマーロを販売する「フライマイスターコレクティブ」の発起人だ。

「フライマイスターコレクティブ(FREIMEISTERKOLLEKTIV)」は、クラフトスピリッツの見本市を企画していたテオさんが立ち上げた、少量生産の蒸溜所とバーテンダーを繋げるオープンネットワーク。バーテンダーからの要望やアイデアが蒸溜所に伝えられ、蒸溜所同士の交流や技術的なサポートによって、新製品が生まれていく。造ったものは一定量を買い取り、ボトリングや販売、マーケティングも請け負うので、蒸溜家は新しいことに挑戦しやすいという利点もある。

この「アマーロ」も、食前酒として楽しめるフレッシュなビターズ(苦味系リキュール)が欲しいというバーテンダーの要望から生まれたもの。リンドウの根のほのかな苦味と、ビターオレンジの皮とモモのジュースから生まれる爽やかでフルーティな香り、切れの良い甘さがバランスよく仕上がった逸品だ。

誠実に作ったおいしいものを、適正な価格で届けたいという「フライマイスターコレクティブ」の心意気が、この投稿をきっかけに世界中に広まっていくことを祈ろう。

(写真)「アマーロ」20ユーロ/500ml~。蒸溜家トーマス・ノイバートとベルリン「Beckket’s Kopf」のバーテンダー、オリバー・エバートが共同で開発した。



◎FREIMEISTERKOLLEKTIV
https://freimeisterkollektiv.de/ 

*1ユーロ=128円(2022年1月時点)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。