HOME 〉

JOURNAL / WORLD

China[HongKong]

元金融マンが造る、香港初のクラフトビールが誕生

Dec 05, 2015

  • 2013年に香港初のクラフトビール「Young Master Ales」が誕生した。元金融マンのロヒット・デュガー氏は、転勤で往港した際に地元産ビールがないことに驚き、趣味のビール造りから一大奮起。販売を視野に醸造をスタートした。

    伝統的かつ複雑さを含む味わいを目指し、樽熟成、サワー、スモーク、酵母無添加など約20種類を醸造。地元の食文化から発想を得、多様な国籍のファンに応えるよう1~2カ月のペースで新作に挑戦する。「The Young Master Classic」は、麦芽とホップのエレガントなバランスのペールエールで、フルーツ&フローラル、柑橘香が特徴。マンダリンオリエンタル香港とのコラボ「Captain's Bar Beer」は、アロマを高めるためチューリップ型のグラスに6~8℃の温度でサーブする。

    香港島南の漁港が広がる醸造所では、毎週土曜に見学ツアーを開催。「造るだけでなくビール文化を牽引したい」と毎年香港で開催されるアジア最大のビール祭をリードするなど、今後の活躍に期待が高まる。
    (『料理通信』2015年12月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Young Master Ales
    Units 407-9, Oceanic Industrial Centre,
    2 Lee Lok Street, Ap Lei Chau, Hong Kong
    info@youngmasterales.com
    www.youngmasterales.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD