HOME 〉

JOURNAL / WORLD

China [Hong Kong]

中国茶は“茶館で愛でる”から“学ぶ”へ

Aug 14, 2017

  • 「お茶は何にしますか?」と、レストランに着席するとまず最初に聞かれる。季節や体調によって各自、飲むべき茶葉をオーダーし、食事を通して味わう―中国料理店の日常の光景だ。その中国茶が近年のワインブームを背景に、地元香港人にとって特別な存在になりつつある。

    貴重なヴィンテージやプレミアム茶葉は、茶館で点心と愛でることが主流であったが、ザ・ペニンシュラ香港「嘉麟樓(スプリングムーン)」の「Premier Chinese Tea Paring Menu」をはじめ、多くの店で、食中茶として料理との相性を楽しむなどペアリングメニューを展開し好評だ。

    上質な茶葉の品揃えに定評あるインターコンチネンタル香港の「欣圖軒(ヤントーヒン)」では、ティー・ソムリエによる中国茶教室を開催するなど、知識や茶藝の習得にも関心が集まっている。日本の茶道とは異なり、茶は身体に良いから飲むもので、学ぶという習慣はなかった。中国医学の効能が期待できることも魅力とあって、中国茶に新風をもたらしている。
    (『料理通信』2017年7月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ 欣圖軒 InterContinental Hong Kong
    18 Salisbury Road, Kowloon, Hong Kong
    Authentic Chinese Oolong Tea Discovery Class
    次回は2017年9月9日開催予定
    1288HKドル(中国茶4種+料理5品付き)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD