HOME 〉

JOURNAL / WORLD

China [Hong Kong]

アジアNo.1シェフ、香港に進出!

Nov 18, 2019

  • 2019年版「アジアのベストレストラン50」で1位となったシンガポール「オデット」のオーナーシェフとして、今、アジアで勢いに乗る料理人ジュリアン・ロワイエ氏。2019年6月、人気レストランプロデューサーのイエン・ウォン氏とタッグを組み、香港に「ルイーズ」をオープンした。

    仏・オーヴェルニュ出身のロワイエ氏は、巨匠ミシェル・ブラス氏の下でキャリアをスタート。直近10年間はシンガポールを拠点に、アジアでフレンチ人気を高めることに貢献した。「ルイーズ」では、幼少の頃より親しんだフランス伝統料理に、アジアらしい捻りを効かせる。

    例えば皮つきジャガイモを使った「グルナイユポテト」には、芳醇な香りと辛味が特徴のカンボジア産カンポットペッパーを。「オーガニックイエローチキンのロースト」にはジューシーで香り豊かな香港産オーガニックチキンを用いる。

    歴史ある風景が残る旧市街地で、コロニアル調の店内と調和する氏の料理。グローバルな味覚を持つ香港人に早くも受け入れられている。

    (『料理通信』2019年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ LOUISE
    35 Aberdeen Street, Central, Hong Kong
    ☎+852-2866-0300
    12:00~14:30、18:30~22:00
    月曜休
    イエローチキンのロースト 858香港ドル
    www.louise.hk

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD