HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy [Milano]

イタリアの国民食ラザーニャをもっと自由に楽しもう!

Nov 22, 2021

text by Yuko Suyama

2021年春、ミラノ市内ナヴィリオ地区に、イタリアの国民食ラザーニャをメインにした「ラザーニャ・ファクトリー」がオープンした。若い2人の企業家、フランチェスコとブルーノの海外経験で育まれた、ラザーニャ愛から生まれたアイデアだ。コンセプトは、「誰もが大好きな伝統料理にイノヴェーティブな風を吹き込もう」。開店当初はコロナ感染者数で変わる規制に従い、デリバリーやオープンスペースを活用し、9月から室内席も使い本格的に営業している。

主役のラザーニャは、クラシックなラグーとベシャメルソースを使ったエミリア=ロマーニャ州タイプをはじめ、各州の伝統的な素材や料理にインスパイアされた13種類(9~17ユーロ)。例えば、ピエモンテ州はポルチーニとトリュフ、トリュフ風味のベシャメルソースを組み合わせ、シチリア州は魚介のラグーとイカ墨を練り込んだパスタ生地と合わせる。ベジタリアン向きには、ズッキーニやブロッコリー入りのバジリカータ州タイプ、パスタ生地に米粉を使いグルテンフリーにも対応する。ゆくゆくはイタリア全20州を網羅したラザーニャをメニューに載せる予定だ。

他にも、仔牛のツナソースやブッラータなどのアンティパスト、ティラミスやパンナコッタも並び、コースを組むことも可能。「3歳の子供からシニアまで一緒にテーブルを囲み、いろいろな州のラザーニャを楽しんでいる」とシェフを務めるブルーノ。家庭でも外食でもラザーニャの人気は不動である。

(写真)一番人気、「ファクトリー」とネーミングされたラザーニャ。ミラノ風オッソブーコを細かく切ってラグーにし、サフラン風味のベシャメルを組み合わせている。



◎LASAGNA FACTORY
Via Pavia 6/2, 20136 Milano
☎+39-351-6797655
12:00~15:00、19:00~23:00
日曜夜休
https://lasagnafactory.it

1ユーロ=132円(2021年10月時点)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。