HOME 〉

JOURNAL / 世界の食トレンド

Italy [Milano]

厳選素材で作る“本当のイタリア家庭料理”をミラノから発信

Mar 17, 2022

text & photograph by Yuko Suyama

2021年10月末、ミラノ市内ヴェネチア門地区に、伝統的な家庭料理店「マッケローニ(maccheroni)」がオープンした。昨今、スシ(SUSHI)やポケ(POKE)がもてはやされ、料理のグローバル化が進むミラノで、ありそうでなかった“イタリア料理の店”として評判だ。

店を運営するのは若い従兄弟同士、ジュゼッペと調理担当のピエールアンドレア。メニューは北部トレンティーノ地方「カネーデルリ」から、南部カンパーニア地方「ナスのパルミジャーナ焼き」、シチリア州「ナスのパスタ」まで、イタリア全土を網羅する。使うのは、有機栽培されたものを中心に厳選した食材。例えば店の一押し「ミラノで1番のカルボナーラ」は、野原を駆け回る豚の肉を加工したグワンチャーレと、有機飼料で育つ鶏卵を用いてクリーミーに。パスタはマルケ州の自社畑の小麦で作る、風味豊かな歯応えあるリガトーニを使う。家庭的を売りにしているが、低温調理などの技術も取り入れている。

客層は20~30代が中心だが、週末には家族連れも多い。メニューは頻繁に変わるため、タブレットに表示。国外からの旅行客も増えているので、予約はネットで、混雑時も真夜中でも対応できるようにしている。ゆくゆくは、「本物のイタリアのおいしい家庭料理を、国外にも広めたい」と、従兄弟たちの夢は膨らんでいる。

(写真)「ミラノで1番のカルボナーラ」14.5ユーロ。「地元ローマでは、カルボナーラはどの家庭でもリガトーニ。スパゲッティを使うのはレストランだけだよ」とローマ生まれのジュゼッペ。提供には家庭的な印象を打ち出すため、アルミ製のフライパンや両手鍋を使う。



◎maccheroni
Via Carlo Pisacane 47
☎+39-02-97800-907
12:00~24:00
無休
前菜 8〜12ユーロ、プリモピアット
セコンドピアット 12〜28ユーロ
付け合わせ、ドルチェ 5〜8ユーロ
https://www.maccheronirestaurants.com/

*1ユーロ=130円(2022年2月時点)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。