HOME 〉

JOURNAL / 世界の食トレンド

Italy [Firenze]

歴史とラグジュアリーの融合。新美食スポット、フィレンツェに登場

Jun 16, 2022

text by Manami Ikeda

ルネサンスの街フィレンツェの中心は、大聖堂とヴェッキオ宮殿を擁する一帯。2022年4月、そのほぼ真ん中に新たなビストロ&ファインダイニング「シック・ノンナ(Chic Nonna)」が誕生した。手がけるのはドバイ、ロンドン、NYで高級レストランを展開するマイン&ユアーズ社、そのガストロノミー監修を務めるのは「フォーシーズンズホテル・フィレンツェ」の元総料理長、ヴィート・モッリーカ(写真2枚目中央)だ。


まず、そのロケーションがすばらしい。ダンテの永遠の恋人ベアトリーチェの父が所有し、後にメディチのコジモ1世の邸宅となったポルティナーリ・サルヴィアーティ館の中庭二つを利用し、一つがビストロ・ラウンジバー、もう一つが夜のみ営業のダイニングとなっている。

床と壁のフレスコはオリジナル、インテリアや照明は歴史ある雰囲気を第一にコーディネートされている。実はこの内観、モッリーカ氏の古巣ホテルに非常に似ている。モッリーカ氏自身も「フィレンツェでこれまで積み重ねてきた経験のさらなる発展を目指している」と言い、地元の小規模生産者の食材を駆使したトスカーナ料理をベースに、新しさと懐かしさを同時に感じられる皿を提供する。

ビストロ・ラウンジバーは昼から夜まで通し営業で、カフェやアペリティーヴォだけの利用も可能。ダイニングは7月から本格営業の予定だ。古都の中心にあるルネサンスの館で洗練の料理が楽しめる、これまでにない新しい美食スポットである。

(トップ写真)14世紀に遡る館は、かつての貴族の暮らしを垣間見られるまさに博物館。所有者は台湾のリゾートグループで、上階は13室のスイートで構成されるレジデンスホテルとなっている。



◎Chic Nonna e Salotto Portinari Bar & Bistrot
Via del Corso, 6 Firenze
☎+39-055-5353555
https://www.chicnonna.com/chic-nonna-restaurant-florence/

*1ユーロ=136円(2022年5月時点)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。