HOME 〉

NEWS

【「ホテル日航福岡」原和孝シェフが優勝!世界大会へ】第7回パテ・クルート世界選手権アジア大会決勝

Nov 08, 2022

フランスで開催されるパテ・クルート世界選手権のアジア大会決勝が開かれ、授賞式が10月25日、フランス大使公邸で行われました。

フランスの伝統的なシャルキュトリ、パテ・クルートのファルス(詰め物)の構成、パテ全体の見た目、カットした断面の美しさ、そして味(le goût)を競う大会。過去には、「セルリアンタワー東京ホテル」の塚本治さん(2019)、東京・田園調布「メッツゲライササキ」の福田耕平さん(2021)が世界選手権に出場してチャンピオンの座を獲得。日本人シェフの活躍が目覚ましい大会です。

今回のアジア大会では、国内54人の応募者の中から12人が決勝に進出し、パテ・クルートの技を競いました。見事優勝に輝いたのは「ホテル日航福岡」調理部宴会調理課の原和孝さん。2位は「神戸北野ホテル」の塩見隆太郎さん、3位は東京・湯島「アターブル」の中秋陽一さんでした。原さんは「たくさんの方の支援があって結果が出せました。世界大会に向けてがんばります」と決意を語りました。

原さんと塩見さんは、12月にリヨンで開催される世界選手権に出場します。

(写真)
優勝した「ホテル日航福岡」原和孝さん(中央)を祝福するフィリップ・セトン駐日フランス大使(左)、日本シャルキュトリ協会(ACFJ)会長のクリストフ・ポコさん(右)


(「料理通信」のNewsコーナーでは、食に関する新商品やサービス、イベント情報をお届けします)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。