PEOPLE / 連載 / 新・大地からの声

都市農業の可能性。東京の農家だからできること。
東京・国立「西野農園」西野耕太

西野耕太さんは、東京都国立市谷保(やほ)で300年以上続く農家の13代目(!)。年間30~40種類の野菜を栽培する一方、東京の農家としては希少な米作りも手掛けています。2022年春、西野さんの田んぼを...

Read More ...

Jul 21, 2022

自然界の生命をシェフへ届ける。
神奈川「さかな人」長谷川大樹さん

星付きレストラン、割烹、居酒屋、海外のすし店まで、ジャンルを問わず国内外の人気店に魚を卸す「さかな人」の長谷川大樹さん。神奈川県三浦半島を舞台に、午前中は港で魚を買い付け、午後は山で野草や山菜の採集に...

Read More ...

Jun 16, 2022

子供たちに残すべき畜産のかたちとは?
岩手「中屋敷ファーム」中屋敷敏晃さん

自家産の牧草を中心に地域資源を活かした飼料で牛を育てる、ジャージー牛や交雑種など市場で価値が付きづらい品種の可能性を見出す・・・。中屋敷敏晃さんがそんなマイノリティな取り組みに果敢に挑戦するのは、牛肉...

Read More ...

May 19, 2022

オルタナティブな農業の情報をnoteで発信。
兵庫「Monkey Gardener」宇佐美慶一郎

宇佐美慶一郎さんはnoteで世界のオルタナティブな農家や農法を紹介している。日本語での情報が乏しくて、洋書を取り寄せたり、ネットで調べては自分の勉強のために訳していたが、「魅力的な内容なので、みんなと...

Read More ...

Apr 25, 2022

南房総で自給自足&セルフビルドな暮らしを求めて。
千葉「アンベッサ・アンド・コー」君島悠矢

何があっても生きられる。どこへ行っても生きられる。――「アンベッサ・アンド・コー」の君島悠矢さんが実践するのは、生きる力を養う暮らしです。オーガニックのドライフルーツやスパイスの輸入販売と並行して、米...

Read More ...

Jan 31, 2022

  • 1

PEOPLE