HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

Germany [Schwarzwald]
ブラックフォレスト産の味噌、誕生

Aug. 4, 2015

  • 和食とヴィーガンブームが続くドイツ。オーガニック食材店を中心に大豆製品が入手しやすくなった反面、自給率が低いのに大豆製品を食べるのはエコではないと、批判の声も高まっている。

    国内の大豆生産量は2009年までは一定して1000ha前後だったのが、13年には6500haと一気に6倍以上に。とはいえ、比較的温暖で雨が多い南ドイツの一部でしか栽培が不可能なため、代用食材として近年話題になっているのが「ルピナス」だ。寒冷な気候を好むこの植物は、ドイツでは古来から豆状の種子を食用としていた。

    南ドイツ、ブラックフォレスト地方で06年に創業したオーガニック味噌工房「シュヴァルツヴァルト・ミソ」では、世界初のルピナス味噌を発案。独特の発酵臭が薄く、日本人には少々水っぽく甘いように感じられるが、長年忘れられていた地元食材を再発見したという功績もあって、ドイツ未来賞など様々な賞を受賞。これから次々とルピナスを使った「ドイツ製の和食材」が登場していきそうだ。
    (『料理通信』2015年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Schwarzwald-MISO
    Roemerweg 17, 78052 Villingen-Schwenningen
    ☎ +49-7721-50491
    www.schwarzwald-miso.de





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録