米澤文雄

  • 1
「食」+αの可能性を切り拓け。オンラインサロン「Close table」3期生募集中
2023年1月31日(火)〆切

  「食の未来を考える」をコンセプトのもと、「食」を通じて、社会課題を解決し、環境保全やボランティア活動、地域創生などを目的とした活動をする会員制オンラインサロン「Close table」が、2023...

Read More ...

2023.01.17

〝ジャンキー〞なおいしさで、野菜を看板料理に「カリフラワーステーキ カルダモンと自家製アリッサ」
プラントベースの始め方09

健康や環境への配慮から、植物性の食材を主体とする“プラントベース”な食事法が注目されています。肉や魚や乳製品に頼らずとも「おいしい」料理を作る知恵は、世界各地に存在します。身近なレシピからおいしくプラ...

Read More ...

2022.03.21

飲食店は何のためにあるのか? 07
“お客力”がある店になるために。
「ザ・バーン」米澤文雄さん

シリーズ【飲食店は何のためにあるのか?】 料理人として、食育活動から企業の商品開発まで、多方面で幅広く活躍する青山「The Burn」の米澤文雄シェフ。軽やかに時代を切り拓く、新しい料理人のあり方に見...

Read More ...

2021.07.26

U.S.チーズと寄り添う暮らし。―前編― アメリカ産チーズってどんな味?

その昔、ヨーロッパからアメリカへと伝わったチーズ造りは、豊富な土地と、弛まぬ研究、技術への投資によって産業として成長を続けました。現在、アメリカ産チーズは世界の4分の1を占め、多くのコンテストで受賞す...

Read More ...

2020.12.04

U.S.チーズと寄り添う暮らし。 ―後編― アメリカ人のパワーの秘密

その昔、ヨーロッパからアメリカへと伝わったチーズ造りは、豊富な土地と、弛まぬ研究、技術への投資によって産業として成長を続けました。前編「アメリカ産チーズってどんな味?」に続き、後編では、アメリカ産チー...

Read More ...

2020.12.04

青山「The Burn(ザ・バーン)」米澤文雄シェフの料理で発見する「カリフォルニア プルーンの魅力」

豊かな気候風土、食育やサステナビリティ(持続可能性)への取り組みにより、健康的かつ先進的な食文化を牽引してきた米国・カリフォルニア州。州都サクラメントを中心とする一帯で栽培されるプルーンもカリフォルニ...

Read More ...

2018.12.27

2018年11月26日(月)開催・終了青山「THE BURN(ザ・バーン)」米澤文雄シェフの料理で発見する
カリフォルニア プルーンの魅力

photographs by Hide Urabe 現在、好評掲載中の記事がはやくもMEETUPに! https://r-tsushin.com/feature/movement/california...

Read More ...

2018.10.26

限りなくナチュラル。米澤文雄シェフが訪ねるカリフォルニア プルーンの魅力を探す旅2018

カリフォルニアを代表する食材、カリフォルニア プルーン。 その豊かでナチュラルな味わいを育む風土、生産者を東京・青山「THE BURN(ザ・バーン)」の米澤文雄シェフが訪ねます。 米澤文雄 Fumio...

Read More ...

2018.10.06

香川県が育むサステイナブルな牛肉 世界のシェフも注目する「オリーブ牛」の魅力  | The Cuisine Press WEB料理通信

ツイート !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.create...

Read More ...

1970.01.01

  • 1

FEATURE