HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [Boston]

敷居は低いが質は高い! 新ギリシャ料理店

Jan 12, 2017

  • フェンウェイ球場から徒歩3分のレストラン「サロニキ・グリーク」は、2016年春オープンから半年経った今でも行列が店外に及ぶこともしばしば。その盛況ぶりの裏には、既知のギリシャ料理の風味やイメージを再構築し、その魅力とユニークさをさらに多くの人々に広めたいというオーナー達の意気込みがある。

    ピタサンドイッチ、玄米を添えたワンプレート、サラダの3種類(各8~9ドル)をベースに、ラムミートボール等の香辛料の効いた肉や、ザクロジュースで照り焼きにしたナスといった野菜などの主菜5種を用意。そこに自家製の様々なソースから好みを選んで組み合わせる。ギリシャ風のサイドメニューや飲み物、デザートも豊富だ。

    さらに、食品の出来立て感を五感に伝える店作りもなかなか。注文から支払いまでに、ピタパンに凸凹の香ばしい焼きめを入れる鉄板と、色鮮やかな食材が香り高い煙を上げるオープンキッチンの前を歩くようにデザインされている。ビールやワインも提供しており、昼から夜まで楽しめる。
    (『料理通信』2016年12月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Saloniki Greek
    4 Kilmarnock St., Boston, MA
    ☎ +1(617) 266-0001
    11:00~22:00 無休
    www.salonikigreek.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD