HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [Miami]

映画と外交再開が火付け役! クバノが話題に

Aug 10, 2016

  • 今、キューバ風サンドイッチ「Cubano(クバノ)」への関心が全米で高まりつつある。2014年(日本では15年)公開の映画「シェフ」で紹介されたことと、昨年、54年ぶりに国交回復して活気付く米国キューバ間の外交関係が貢献し、「新エスニック料理=キューバ」という巷の認知度増加が背景にある。

    一見パニーニ似のクバノは、軽いクラストに柔らかめのクラムが特徴のキューバン・ブレッドにイエローマスタードを塗り、豚のハムと豚のロースト、チーズを挟んでホットプレスを使って作るのが基本形だ。

    キューバ移民人口が全米一のフロリダ州は、クバノのメッカ。マイアミで地元住民に愛される店「Tinta y Café (ティンタ・イ・カフェ)」は、食感の良いバゲットのようなパンと、ユニークな具のコンビネーションが人気の秘密だ。ローストチキン、プロシュート、スペイン産のピリ辛サラミ“カンティンパロ”、飴色タマネギにマンチェゴチーズ、自家製香菜マヨネーズをサンドしたものがおすすめだ($10.25、 ミニ $8.50 )。
    (『料理通信』2016年7月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Tinta y Café
    268 SW 8th St., Miami, FL 33130
    ☎ +1-305-285-0101
    7:30 ~19:30 (土曜は9:00~18:00 )
    日曜休
    tintaycafe.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD