HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [New York]

ニューヨーク初の日本酒蔵がオープン!

Jan 09, 2018

  • ニューヨーク初の酒蔵「ブルックリン・クラ」が誕生した。ブランドン・ドーン氏とブライアン・ポレン氏は、2013年、日本で知人の結婚式で出会い、日本酒への共通の思いを通じて意気投合。生化学者のドーン氏が米国の酒蔵で修業後、2016年にユニークな起業家が集まる再開発エリア、インダストリー・シティ内に醸造所を設立した。

    現在製品は完成し、年内の一般販売に向けて準備中である。今でこそ優れた商品が米国に輸入されているものの、日本酒には「香りの立たない安酒を温めて飲む」というマイナスの印象が依然伴う。そんなイメージの転換を図る両氏が目指すのは、カリフォルニアとアーカンソー産の米と、質の高さで知られるニューヨークの水を使った、米国のテロワールが香る繊細な日本酒だ。

    初年度の品揃えは純米吟醸の生と濁り。試作品への反響は、日本の蔵元も含めて上々だ。醸造所内では、一般や日本酒業界者を対象にしたワークショップも開催予定。「和食店の枠を越えて日本酒の魅力を広く紹介したい」と両氏は話す。
    (『料理通信』2017年12月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Brooklyn Kura
    Industry City 内 220 36th Street, Brooklyn, NY 11232
    ☎ +1-347-766-1601
    www.brooklynkura.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD