HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [San Francisco]

環境と健康と動物愛護のために“正しい”卵を!

Feb 10, 2020

  • 最新バイオテクノロジーを用いた液卵代替食品「ジャスト・エッグ」は、100%プラントベース(植物由来)。主原料は緑豆やターメリックだ。

    “まさに正しい卵”というメッセージが込められた本商品、販売から2年足らずで鶏卵125万ダース分を売り上げた。開発製造販売のジャスト社CEOジョシュ・テトリック氏曰く、「あえて“ヴィーガン用”と謳わない理由は、主義にとらわれず多様な消費者に商品を知ってもらうため」。コレステロールや人工添加物、遺伝子組み換え植物を含まず、低脂肪だがタンパク質量は鶏卵と同等。さらに鶏卵生産過程に比べ、大気汚染と水使用量を軽減できるので環境保全効果もある。

    加熱すると粘性が増し、弾力はあるが歯切れの良い“卵然”とした塊に変化するので、スクランブルエッグ、キッシュ、フレンチトースト、プリン等の調理に活用可能。だが、軽い口当たりのスポンジケーキ作りには適さない。
    小売や外食産業向けに米国、中国、香港、シンガポールで販売されており、日本市場に登場する日も間近かもしれない。

    (『料理通信』2020年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ JUST Egg
    店頭小売価格7.99ドル/355ml(鶏卵大7~8個分)
    www.ju.st

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD