HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia [Sydney]

ふわふわ、もちもち! オージーはSHOKUPAN(食パン)に夢中

Aug 23, 2021

  • text by Akiko Ganivet



  • コロナ禍のロックダウン中、料理に凝るオージーが増えたが、サワードウパン作りにハマった人も少なくない。パン好きの次のターゲットは「SHOKUPAN(食パン)」だ。日本に行ったことがあるオージーなら誰もが感動する、“ふわふわ、もちもち”の日本の食パン――あの食感を再現したいと、「SHOKUPAN」や「Japanese Milk Bread」のレシピを新聞やウェブで見かけるようになった。

    2021年4月、「紀伊國屋書店シドニー店」内にオープンしたケーキショップ「ダルセット・カフェ(DULCET CAFE)」では、「SHOKUPAN」(12.80豪州ドル)が連日完売している。

    「ロックダウン中に4カ月かけてレシピを練った」と語るパティシエのビビエン・リーさん。粉は世界各地の製粉メーカーを試した結果、日清製粉の小麦粉が一番しっくりくることに行きつき、牛乳とバターを多めに使って、日本の高級生食パンのような食感を実現した。

    現在はオリジナル(プレーン)に加えて、抹茶、チョコレートなど3種類の「SHOKUPAN」を販売中。生地の質感や食感の再現など、食パン作りの技術に注目が集まる中、「ちょっと違った味の食パンを食べてみたい」という客の需要に答えた。アジア料理の人気も、豪州のパンとケーキのトレンドに大きく影響しているそうだ。

    (写真)柔らかく子供も食べやすい「SHOKUPAN」。一番人気の「オリジナル」は、オーストラリアのホワイトブレッド(食パン)と違って甘めなので、そのままでもおいしい。「抹茶」「チョコレート」(各14.80豪州ドル)も午後には売り切れる。




    ◎DULCET CAFE
    The Galeries Level 2/ 500 George St, NSW 2000
    ☎+61-(0)2-8084-4456
    11:30~22:00
    無休
    https://dulcetcakessweets.com.au/

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD