HOME 〉

JOURNAL / WORLD

England [London]

低アルコールのクラフトビールに熱い視線

Dec 14, 2017

  • 低アルコール飲料市場が黎明期を迎えているロンドン。2017年8月には、低アルコールビール、ワインなどのブランドが集結した「マインドフル・ドリンク・フェスティバル」が、英国で初めて開催された。なかでも話題を呼んだのが、アルコール度数0.5%の製品に特化した新進クラフトビールブランド「ビッグ・ドロップ・ブリューイング・コー」。

    元弁護士のロブ・フィンク氏が2016年8月に立ち上げ、同年11月には、モルトの他、オーツ麦、ライ麦、カカオニブを加えた「スタウト」がヒット。2017年3月発売の「ペール・エール」は、ハチミツのようなアロマと柑橘系の味わいが特徴で、ワールド・ビア・アワード2017のノンアルコール部門でベストビアに選出された。

    「低アルコールというと水っぽく、味わいの乏しいものを思い浮かべる人が多い。当社では乳糖を加えてビールに骨格を与え、モルト以外の穀物を多用して味の深みを追求した」とフィンク氏。前出のフェスティバルでは「ラガー」と「スパイス・エール」の新商品を発表し注目を集めていた。
    (『料理通信』2017年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ BIG DROP BREWING CO.
    www.bigdropbrew.com
    *英国ではアルコール度数0.5~1.2%を低アルコール、0.05%以下をノンアルコールと表記する。

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD