HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

希少な“山下野菜”を自身のクリエイションに

Apr 13, 2020

  • “山下野菜”はパリのシェフたち憧れの食材。山下朝史氏がパリ近郊で育てる、九条ネギなど日本の品種を中心とした野菜だ。

    希少な野菜の卸先は、山下氏のお眼鏡にかなったピエール・ガニェール、クリスチャン・ル=スケール、パスカル・バルボらわずか4人だったが、2019年夏から初の日本人シェフ、高柳好孝氏が加わった。一ツ星「アガペ」シェフを経て、2019年3月から「ラ・セーヌ・テレーム」で活躍中の高柳シェフ。初夏に開催された“パリの星付き日本人シェフを対象にした、山下野菜を使った料理コンクール”で、「マグロのタルタルとカブのバトネ」などを披露して優勝し、このブランド野菜を使えるようになった。

    「野菜は魚と同じく鮮度が大切。山下さんの野菜は朝採れがすぐに届く上、小規模栽培ならではの手間と丁寧な栽培、収穫で最高です」と話す高柳氏。山下野菜にインスピレーションを得た新作を続々と提案して好評だ。ヘルシー嗜好の潮流の中、野菜料理のさらなる魅力を強く発信している。

    (『料理通信』2020年3月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ La Scène Thélème
    18 rue Troyon 75017 Paris
    ☎+33.(0)1.77.37.60.99
    12:30~14:00、19:00~21:30
    土曜昼、日曜、月曜休
    昼 43ユーロ~、夜 69 ユーロ~
    www.lascenetheleme.fr

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD