HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy [Torino]

国鉄内でイタリア全土の食を満喫!?

Sep 08, 2016

  • 15年12月にオープンした「メルカート・メトロポリターノ」。トリノの国鉄駅ポルタ・スーザの新駅舎移転に伴い、1800年代に建てられたバロック調の旧駅舎が、イタリア全土のおいしい食材や料理を買って、食べて、楽しめる施設に生まれ変わった。

    プロジェクトを立ち上げたのは、イタリア第2位の銀行「インテーザ・サンパオロ」。国内4000店の支店力を利用して中小の生産者と直接コンタクトを取り、イタリア各地の稀少な食材の入手に成功した。元プラットホームの細長いスペースに食材ショップの他、ジェノバのフォカッチャ、シチリアのアランチーニや魚のフリット、ローマのピンサといったイタリアのストリートフード店がずらり(なぜかその中に大阪のお好み焼き店も!)。元チケット売り場は人々が好きなものを食べながら時間を過ごしたり、イベントやワークショップが企画されるフリースペースに。

    また、食材の購入やイタリアの旅情報が入手できる同名のポータルサイトも開設。トリノにまた一つ、食の名所誕生というわけだ。
    (『料理通信』2016年8月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ MERCATO METROPOLITANO
    Piazza XVIII Dicembre, 4 10122 Torino
    7:30 ~22:30(金、土曜24:00) 無休
    www.mercatometropolitano.it

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD