HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy [Firenze]

シンプルで適正価格、目指すは“ネオ・オステリア”

Nov 21, 2017

  • 2016年秋にオープンした「エッセンツィアーレ」は、3皿35ユーロ、5皿55ユーロといった手頃な価格で、シンプルかつガストロノミックな料理が味わえることでじわじわと人気を呼んでいる。

    シェフのシモーネ・チプリアーニは16歳で料理の道に進み、スペインをはじめ世界各地で最先端の技術を学んだ。フィレンツェの別の店で5年間シェフを務めた後、初めて自らが経営者の側に立って目指したのは、イタリアの昔ながらのオステ(料理屋の主人)。つまり、客席に交わりながら料理もサービスもするというスタイルだ。

    かつてトラックの配送所だった店のフロアは、地面と荷台の高さに合わせた二段構えで、厨房は客席よりも高い位置にある。そこで厨房前にカウンターを設け、シモーネたちキッチンスタッフはそのカウンターで客席を見渡しながら料理を仕上げ、自分たちで料理を運ぶ。作り手と食べ手がダイレクトにつながることこそ、料理屋で食べることの本質的(エッセンシャル)な魅力。店名にはそんな想いが込められている。
    (『料理通信』2017年10月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ Essenziale
    Piazza di Cestello, 3r 50124 Firenze
    ☎ +39-055-2476956
    19:00~22:00
    月曜休
    http://essenziale.me

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD