HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy[Milano]

“共同オーブン”でコミュニティの醸成を目指す

Jan 10, 2019

  • 2018年8月末、ミラノにオープンした「フォルノ・コレッティーヴォ」は、パン屋&ナチュラルワインバー。棚にはボトルが数多く並ぶが、パンの品揃えは潔く2種類だ。

    ひとつは、イタリア国内産の厳選した古代品種と近代小麦をブレンドし、試作を重ねて41回目に完成した自信作「S41」。もうひとつは週替わりの単一品種小麦のパン「ディスカバリー」である。米西海岸と北欧の他、世界で研鑽を積んだ女性パン職人が作る、自家製酵母で長時間かけて発酵させた“サワードウブレッド”で、クラストが硬くクラムがしっとりした、酸味のある味わい深いパンだ。

    店名はイタリア各地に残る共同オーブンのことで、同店には今後、オーブンを開放するプランがある。愛好家たち自分のパン生地を持参して集まり、焼き上がりを待つ間に、粉や発酵談義に花を咲かせる――「そこに有名パン職人が加われば、なおいっそう話も弾むはず。おいしいパンを軸にコミュニティを作りたい」と、オーナーのアレッサンドロさん。共同オーブン企画は近々実現する予定だ。

    (『料理通信』2018年12月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ FORNO COLLETTIVO
    Via Lecco,15 20124 Milano ☎+39.02.21067364
    10:30~24:00(土曜8:30 ~、日曜8:30 ~16:00)
    月曜休
    S41、ディスカバリー共に6ユーロ/800g 週末はクロワッサンとバブカも販売

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD