HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy [Rimini]

料理界も注目する“ジェラート・ガストロノミコ”

May 17, 2018

  • “スイーツ”であるはずのジェラートが、常識の枠を飛び出した。料理の一部としてサーブされる“ジェラート・ガストロノミコ”は、数年前、ミラノ郊外「ド」のダヴィデ・オルダーニシェフが、チーズのジェラートをキャラメリゼしたタマネギに合わせたのが始まりと言われる。

    2018年1月、リミニで開催されたジェラートW杯では、世界12カ国のチームがジェラート・ガストロノミコで技を競い合い、一気に注目を集めた。粗挽きマスタードのジェラートを和風前菜に合わせた日本チームに対し、フランスはロブスターのジェラートを、サブレ生地などに詰めたアーティチョークや家禽類に合わせた(写真)。

    今のところ、料理に添える冷たいソースやクリームといった位置付けに見えるジェラート。だがジェラートを加えることで「味」だけでなく「温度」で料理にコントラストを与えることができる。「甘味と塩味、熱と冷の融和」「溶ける感覚」「氷の結晶」という新しい表現方法は、皿の中の可能性を大きく広げてくれそうだ。

    (『料理通信』2018年4月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ Coppa del Mondo della Gelateria
    2018年1月20日~23日 イタリア・リミニにて開催
    www.coppamondogelateria.it

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD