HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Norway [Oslo]

いつの間にか病みつきに!? 魚の卵のスローテレビ

Nov 04, 2015

  • ノルウェー人が愛する食卓のお供といえば、1952年に大手食品会社ミルスが開発した、タラコ味のチューブペースト「キャビア」だ。薄いピンク色の練り物で、パンに塗って食べるなど病みつきになる人が続出。

    2015年8月19日、同社は消費者にもっと商品に親しみをもってもらうために、「商品の生産過程を11カ月間、24時間生放送する」という、世界中で話題の番組「スローテレビ」を模倣したWEB放送を開始した。「スローテレビ」とは、もともとは国営放送局が始めた映像方式で、火が揺れるだけのたき火、列車の車窓風景など、同じ角度からの映像を未編集で延々と流す番組だ。

    キャビア動画も、タラの卵が樽の中で砂糖と塩で熟成される様子のみ。放送開始後から6日間で50万人が視聴、毎日約1000人の人がアクセスしその数は増加中だ。「視聴者が希望すれば、運搬の様子なども見せられるが、現時点では樽のみの予定」と広報のベルグ氏は語る。独特の世界観で、ゆったりとしたお金のかからない広告戦略が、新たなファンを増やしている。
    (『料理通信』2015年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Mills kaviar
    www.mills.no(Mills社のHP)
    http://millskaviar.no/(キャビア動画のHP)
    www.youtube.com/watch?v=Lqy1Q7xNL-U(YouTube)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD