HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Norway [Oslo]

食品ロス対策で誕生した羊肉スナック

Apr 06, 2018

  • 「羊農家として30年間働いてきたが、倉庫いっぱいに残った羊肉を見て、なんとかできないかと考えていた」と語るのは、ノルウェー産羊肉のスナック「チープス」を開発したヴィーキンスタ氏。

    ノルウェーでは、昨年だけで2257トンの仔羊肉、1155トンの羊肉が倉庫に保管されたままになっていた。これは前年の2倍量にあたる。原因は人々が他の肉を好み、羊肉が食卓に上る機会が減っていることに加えて、輸出量も少ないからだ。

    「チープス」は、隣国スウェーデンの乾燥した羊肉サラミからインスピレーションを受けたという。羊肉をスナックにするアイデアはノルウェーでは画期的なもので、「プロテインたっぷりで健康的」「満杯の倉庫を救うスナック」と現地メディアでも話題に。

    塩味の乾燥羊肉は、乾いた歯触りでビーフジャーキーのよう。酒のつまみにも合いそうだ。現在、国内では試作品として食メッセや店頭で配られ、フィードバックを集めている。今後は国外でもPRを予定しており、同氏は観光客にも食べてもらえればと意気込んでいる。

    (『料理通信』2018年3月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Cheeps
    www.cheeps.no

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD