HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain [Madrid]

甘味も塩味もパイだけで勝負!

Jul 12, 2018

  • マドリード中心部で100年近くマンテケリア(バター屋)のあった場所に、 そのレトロさを残したまま2017年冬開店したパイ専門店「オハルドレリア」。

    仕掛人は、2013年、肉の解体アカデミーを併設するレストラン「サラ・デ・デスピエセス」(解体室の意)を開店し流行らせた、シェフのハビエル・ボネットだ。職人仕事にこだわるハビエルが、パイ生地職人のエステラ・グティエレスと出会い、意気投合。デザートパイやフレッシュなパイ生地の店頭販売だけでなく、様々なシーンに合うパイを提供すべく作り上げた店だ。

    朝食はバターの香り高いクロワッサンやブリオッシュを。しっかりした昼食なら、ミディアムレアに仕上げた牛ヒレ肉とフォワグラ、白トリュフ、卵の黄身とホウレン草が詰まった「ウェリントン・バーガー」(16ユーロ)を。 前菜からデザートまでパイ料理で展開するコース料理(32ユーロ)は、特別な夕食にもうってつけだ。ソル門近くという立地も申し分なく、便利な1軒として定着しつつある。

    (『料理通信』2018年6月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Hojaldreria
    C/ Virgen de los peligros, 8, 28013, Madrid
    ☎+34-910- 599153
    8:30~24:00(月曜、火曜~20:00、土曜10:00~、日曜10:00~18:00)
    無休
    www.hojaldreria.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD