PEOPLE / 連載 / 蕪木祐介さん連載

残暑に珈琲ゼリー
蕪木祐介さん連載 「嗜好品の役割」第9回

夏になると珈琲店に並ぶ王道メニュー、「珈琲ゼリー」。だが、私は珈琲ゼリーを食べる機会は多くない。喫茶店に行っても、大概は珈琲ゼリーを食べるくらいなら珈琲を飲んでしまうだろう。それは単純に、珈琲は液体の...

Read More ...

Aug 26, 2021

ホットチョコレートを日常に
蕪木祐介さん連載 「嗜好品の役割」第8回 

自身の店を始める前から、珈琲やチョコレートはもちろん、ホットチョコレートに対して強い思い入れがあった。その言葉の響きからは、甘美で女性的な印象が強いが、女性だけではなく、酒やタバコ、珈琲同様、男性も嗜...

Read More ...

Mar 22, 2021

無垢チョコレートの愉しみ
蕪木祐介さん連載「嗜好品の役割」第7回 

「無垢チョコレート」とは…… 宝石のようなボンボンショコラ、濃厚でクリーミーな生チョコレート、香ばしいガトーショコラ、それぞれにチョコレートの魅力がある。 その中でも一番私が興味を持って作り続けている...

Read More ...

Sep 17, 2020

カフェオレと牛乳の話
蕪木祐介さん連載 嗜好品の役割 第5回

カフェオレの魅力 カフェオレが、たまに飲みたくなる。ミルクは珈琲の香りを隠してしまうから、普段はブラックで飲むことがほとんど。それでもたまにカフェオレが飲みたくなるのだ。それが私だけではないことは、何...

Read More ...

Apr 13, 2020

再開へ
蕪木祐介さん連載 「嗜好品の役割」第4回 

100%にはしない 台東区・鳥越の店を閉めてあっという間に9カ月、いろんな問題が起こりながら、季節がめぐり、また寒い季節になってしまった。移転先の店の内装は、設計士さんや大工さんの大きな力を借りながら...

Read More ...

Jan 14, 2020

逃げ込める喫茶店へ
蕪木祐介さん連載「嗜好品の役割」第3回

「何苦礎(なにくそ)」 店を閉めてからあっという間に7カ月。 元々店があった場所も、あっという間に更地になってしまった。 その空き地は雑草も生え育ち、前を通るたびになんとも言えない切なさを感じている。...

Read More ...

Oct 17, 2019

「珈琲の表現」とは?
蕪木祐介さん連載 「嗜好品の役割」第1回

珈琲の力 美味な珈琲には人の心を調える、不思議な力がある。朝に丁寧に淹れる珈琲は清々しい心持ちとさせてくれるし、少し気持ちが滅入った時に喫茶店で飲む珈琲は、弱り、乱れた心を鎮めてくれる。心地良い苦味と...

Read More ...

Jun 06, 2019

  • 1

PEOPLE