HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / AMERICA

America [Oakland]
和野菜の栽培・販売エリアが拡大中!

Mar. 22, 2016

  • 東海岸北部、日系利用者がほぼゼロのファーマーズマーケットで、日本人に馴染み深い姿形のカブ、ナス、カボチャ等を見かける機会が増えてきた。出店する中小農家も日系人ではないが、なぜ日本やアジア由来の野菜を栽培しているのか尋ねると「スーパーにない珍しさ、味の良さが魅力」「大量生産用の一代交配種でなく、アジア野菜の自然固定種は収穫量・期間が経営規模に合致」とのこと。

    “Daikon”や“Shiitake”が大手自然食品店に登場し始めたのは2000年頃だが、「和野菜栽培はこの12年間上昇傾向にある」とは、アジア野菜の種に特化した老舗の種苗販売会社で、全米に販売網を巡らす「キタザワ・シード・カンパニー」。

    きっかけは、地産地消推奨の動き、インターネットの普及、日本食材を使った料理のメディア露出が同時期に顕著になり出したことだという。大正6年、在米日系人向けに開店した同社は、今や日本伝統野菜を含む57品目500種類以上の種を扱う。日本料理店以外のシェフからの問い合わせもしばしばだ。
    (『料理通信』2016年2月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎Kitazawa Seed Company
    201 4th Street, #206 Oakland, CA 94607
    ☎+1-510-595-1188(卸/小売り、海外輸出も可)
    www.kitazawaseed.com





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録