FEATURE / 連載 / テタンジェと祝う、食の歓び

テタンジェと味わう、地方発ガストロノミーの今 福井・三国「望洋楼」
「福井の記憶につながる“素材感”」

ガストロミーの重心が、都会から「ローカルへ」と移行する中、「自分の暮らす地域の文化や歴史、自然環境を料理に表現していこう」という動きが広まっています。長年、ガストロノミーと共に歩み、若手料理人の成長を...

Read More ...

Dec 22, 2022

“ガストロノミーのエベレスト”で頂点に輝いた日本人シェフの新天地
福井「ル ジャルダン」堀内亮さん

シャンパーニュメゾンが主催する若手料理人の登竜門、<ル・テタンジェ賞>国際シグネチャーキュイジーヌコンクール。2022年5月にパリで開催された世界大会で、日本人シェフとして史上3人目の優勝者となった堀...

Read More ...

Dec 22, 2022

テタンジェと味わう、地方発ガストロノミーの今 静岡・修善寺「あさば」
「一期一会の旬の地のものと」

今、料理人もフーディーも目指すのは「ローカル」といって過言ではありません。「自分の暮らす地域の文化や歴史、自然環境を料理に表現していこう」という動きが広まっています。長年、ガストロノミーと共に歩み、若...

Read More ...

Dec 19, 2022

テタンジェと祝う、食の歓び
「鎌倉でしか作れないハレの料理を」
神奈川「鎌倉 北じま」北嶋靖憲さん

長年、国際料理コンクールをサポートし、若手料理人の成長を後押ししてきた「テタンジェ」のプレステージ・シャンパーニュと共に、人生に欠かせない大切な時間を生むプロたちをフィーチャーする連載。今回は京都で修...

Read More ...

Jun 27, 2022

テタンジェと祝う、食の歓び
「本物のガストロノミー体験は、人生を変えるほどのものだから」
東京・表参道「エラン」信太竜馬シェフ

「人生に会食は欠かせない」コロナ禍で人との触れ合いを制限されて私たちが気づいたのは、「外食の価値」ではないでしょうか?長年、国際料理コンクールをサポートし、若手料理人の成長を後押ししてきた「テタンジェ...

Read More ...

May 30, 2022

テタンジェと祝う、食の歓び
「きめ細かなアテンドで、より深く味わう時間へ導く」
東京・外苑前「オルグイユ」加瀬史也シェフ

「人生に会食は欠かせない」コロナ禍で人との触れ合いを制限されて私たちが気づいたのは、「外食の価値」ではないでしょうか?料理やサービスや空間のクリエイティビティに触れる「高揚感」ホスピタリティに包まれる...

Read More ...

Apr 28, 2022

  • 1

FEATURE