JOURNAL / イタリア20州旨いもの案内

“食べて知る”食の祭典「ゴロザリア」を知っていますか?

イタリアの食のガイドブック『イル・ゴロザリオ※』の筆者、パオロ・マッソブリオさんが毎月「The Cuisine Press」のために書き下ろすWEB連載 「パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの...

Read More ...

2016.10.13

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.8 ヴェネト州ヴィチェンツァのサンシュユ(山茱萸)の実

忘れ去られていた果実を、瓶詰めにして未来に残す ロゼッラ・フリーゴ(Rosella Frigo通称ローズィー)は、笑顔の時も、瞳は前をしっかりみつめている女性だ。 アズィアーゴ高原にあるロアーナ村に生...

Read More ...

2016.09.26

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.7 カラブリア州 コゼンツァ産ドッタート種の干しイチジク

極上の干しイチジクを求め、 イタリア半島のつま先へ コゼンツァ(Cosenza)産ドッタート種のイチジク(ヨーロッパでは保護原産地呼称DOPに認定されている)について知識を深めたければ、クラーティ(C...

Read More ...

2016.08.30

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.6 トレンティーノ=アルト・アディジェ州ブレントニコのプリモ・フィオーレ

夏草が香る山のチーズ トレンティーノの高原にある村、ブレントニコ(Brentonico)に住むオラツィオ・スケルフィという男の話をしよう。 彼とは、彼がバルド山(Monte Baldo)で作るチーズを...

Read More ...

2016.07.25

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.5 シチリア州マドニエ地域のマンナ

神から与えられた食べ物 『出エジプト記』の一節、 『モーゼがユダヤ人を率いてエジプトから脱出する際、広い砂漠を横断しなければならなった。人々は食料を持たず、焼けつく太陽の下で飢え死にするくらいならファ...

Read More ...

2016.06.27

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.4 リグーリア州レッコのチーズ入りフォカッチャ

水、粉、オリーブオイル(又はラード)で作るシンプル極まりない食べ物「フォカッチャ」。そんなフォカッチャも現在では地方ごとのバリエーションも多彩にイタリア料理のアイデンティティーを語る上で重要な存在とな...

Read More ...

2016.05.23

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.3 ピエモンテ州アレッサンドリアの“縫い合わせた”生サラミ

豚を縫う技法 「おばあさんは豚肉を縫っていました・・・・」などと言えば、魔法使いのおとぎ話の冒頭かと思われるかもしれない。が、これはsalame cucito(サラメ・クチート=縫い合わせたサラミの意...

Read More ...

2016.04.28

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.2 ヴェネト州バッサーノ・デル・グラッパのホワイトアスパラガスと茹で卵、そして白ワイン

純白のアスパラガスとの出会い アスパラガスと言えば4月のシンボル。そして収穫は6月まで続けられる。で、僕はそのアスパラガスが特産の村の出身だ。 わが村では「saraceno(サラチェーノ)」と呼ばれる...

Read More ...

2016.03.22

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.1 僕が『イル・ゴロザリオ』を作った理由

田舎の食料品店に魅せられて 僕のガイドブック『Il Golosario(イル・ゴロザリオ)※本文末で説明』の話をする前に、まずは僕の故郷の話をしたい。 トリノとミラノの中間に位置するモンフェッラート地...

Read More ...

2016.03.22

JOURNAL