HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [San Francisco]

代替タンパク質の草分け 培養チキンの販売開始!

Feb 22, 2021

  • text by Kuniko Yasutake / photograph by EAT JUST Inc.



  • サンフランシスコを拠点とするイート・ジャスト社(Eat Just Inc.)が、植物由来の代替液卵食品「ジャスト・エッグ(JUST Egg)」を開発してから3年。今度は生きた鶏から採取した細胞を原料にした培養肉「グッド・ミート(GOOD Meat)」の販売を、世界初、2020年末にシンガポールで開始した。

    第一弾はナゲット型の半調理食品「チキン・バイツ(chicken bites)」で、現在、会員制レストラン「1880」のみで食べられる。メープル・ワッフルにのせてホットソースをかけた米国南部料理風と、中華風蒸しパンにネギやキュウリと包み、ゴマダレをかけた包(パオ)の2品は、各23シンガポールドル。これは高級レストランで供される鶏肉料理と等価だ。見た目と味に加え、タンパク質、各種アミノ酸、ミネラル等の含有量も鶏肉と同等で、今後はソーセージやグリルしたフィレ形状の商品も発表される予定だという。

    「グッド・ミート」は商品そのものでなく生産技術(原料の培養技術)を海外どこへでも“輸出”することで、輸送費を軽減し、養鶏業に比べ飼育・設備費の削減が可能なので、環境保全、動物愛護への貢献がメリットとされる。研究が進むにつれ、商品のコストダウンも進んでおり、いまだ高価ではあるが、精肉代替食品として一般販売される日は案外近いのかもしれない。

    (写真)「しっとりした食感」「(鶏が殺されておらず)食べても罪悪感がない」等、培養チキン料理を食べた客からは“グッド”な感想が。




    ◎GOOD Meat
    https://goodmeat.co/
    mail : wecare@goodmeat.co
    Instagram : @goodmeatinc

    ◎1880
    https://www.1880.com.sg/

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD