HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

T・マルクスの新店は“どら焼き”のファストフード

Apr 11, 2019

  • 「マンダリン・オリエンタル・パリ」の総料理長としてミシュラン二ツ星を獲得する傍ら、ビストロ、ブーランジュリー、料理学校なども手がけるなど精力的に活動するトップシェフ、ティエリー・マルクス。

    2018年10月にオープンした最新店「マルキト」は、蕎麦粉生地を日本のどら焼き風に焼き上げて、具を挟んだサンドイッチが主役のファストフード店だ。日本で見つけたどら焼き生地製造マシンを店内中央に設置し、生地を焼く様子をゲストに見せる演出。

    メニューは、焼きたての生地に“ナスのマリネ+スカルモルツァチーズ+ピーマンソース”“スモークサーモン+アボカド+たくあん+味噌風味パセリソース”など、具をたっぷり挟んだ5種。デザートにホイップクリームや抹茶クリームを挟んだものもある。

    デザイナーのオラ・イトが手がけたコンテンポラリーな内装も魅力だ。日仏の食文化に造形が深いティエリーらしいヘルシーで独創的なファストフードに、昼時ともなればパリジャンが列をなして押し寄せている。

    (『料理通信』2019年3月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Marxito
    1bis rue Jean Mermoz 75008 Paris
    https://marxito.com/en/
    ☎+33.(0)1.47.20.92.02
    11:30~19:30(月曜~18:00)
    土曜、日曜休
    マルキト・サレ(塩味系)10~13ユーロ
    デセール(甘味系)4~6ユーロ ランチセット 15 、17ユーロ

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD