HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Norway [Oslo]

あなたはコーヒー1杯にいくら払いますか?

Nov 09, 2017

  • 北欧のスペシャルティコーヒー界を牽引してきたティム・ウェンデルボー氏。酸味が際立つ浅煎り、新しい抽出方法エアロプレスのブームを作ってきた1人だ。

    品質の良いコーヒーノキを栽培し、農家の生活を支えるためには「1杯は安くあるべきではない」とも訴え続けてきたが、新たに「質のための木」基金を設立。世界中の農園で栽培に必要なシェード・ツリー(木を直射日光から遮る日陰樹)植樹のために活用する。

    氏が営むロースタリーカフェが10周年を迎えた2017年7月1日、顧客はレジで「好きな価格」で支払うことができた。5時間の営業中に訪れたのは約400人。「いくら支払いたいですか」と聞かれ、戸惑う人も多かったが、最高金額はオープン当初からの常連客がエスプレッソ1杯に支払った11280ノルウェークローネ(約1万6千円)だった。

    この日の売り上げ約73万円は基金に寄付され、結果として農家の支援にもつながる。コーヒー1杯の価格とその意味を、一人ひとりが考えるきっかけにもなったのではないだろうか。
    (『料理通信』2017年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Trees for Quality
    www.timwendelboe.no/Learn/treesforquality

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD