HOME 〉

NEWS

食に関する新商品・イベント情報

NEWS




  • 2021.04.05
    老舗酒造「小嶋総本店」が新ブランドの甘酒を発売

    老舗酒造「小嶋総本店」が新ブランドの甘酒を発売
    安土桃山時代(1597年)に創業し、純米酒「東光」で知られる老舗酒造「小嶋総本店」(山形・米沢)が「米糀のあまさけ」を発表。山形県産米糀を発酵させたノンアルコール・ノンシュガーの甘酒をベースに、山形で藩政時代から育てられている「ウコギ」や「秘伝豆」といった伝統的な素材、果実や野菜のスムージーを加えて仕上げています。「wake up(朝のすこやかな目覚めをサポート)」「beauty up(日中の活動をしなやかにサポート)」など生活シーンに寄り添った5種類を開発。いずれも保存料・香料・着色料無添加。5月25日(火)よりpure(プレーンのあまさけ)、beauty up、wake upの3種類について自社ECで先行販売スタート、夏以降に小売店での販売を開始予定です。



  • 2021.03.26
    2021年版「アジアのベストレストラン50」発表。日本勢躍進

    2021年版「アジアのベストレストラン50」発表。日本勢躍進
    英・ウィリアム リード ビジネス メディアが発行する2021 年「アジアのベストレストラン50」が発表されました。1位の座を獲得したのは、香港の「The Chairman」。日本からは外苑前「傳」が3位にランクインし、 4年連続で「The Best Restaurant in Japan」のタイトルを獲得。西麻布「レフェルヴェソンス」は、29位ランクアップして19位、「Beronia Highest Climber Award」を受賞しました。外苑前「フロリレージュ」は7位、南青山「ナリサワ」は9位と、共にトップ10入りを維持。 そのほか、大阪・本町「ラシーム」(8位)、広尾「茶禅華」(12位)、広尾「オード」(27位)、福岡・天神南「ラ メゾン ド ラ ナチュール ゴウ」(30位)、日比谷「日本料理 龍吟」(35位)などが上位にランクインしています。




  • 2021.03.22
    「プレミアムスイーツコレクション」を開催

    「プレミアムスイーツコレクション」を開催
    パティスリー界をリードし、圧倒的なステータスを誇る「ピエール・エルメ・パリ」ピエール・エルメ氏。最高級素材を使用した“スーパーシリーズ”など人気作品を数多く発表する「パティスリーSATSUKI」中島眞介氏。日仏のスイーツ界をリードする2人のパティシエのスイーツを心ゆくまでお楽しみいただける「プレミアムスイーツコレクション」が、2021年4月29日(木・祝)、ホテルニューオータニ幕張で開催されます。ピエール・エルメ氏のペストリーショップ世界第1号店は、今から20年前にホテルニューオータニ(東京)にオープン。その2つのブランドを持つホテルニューオータニだからこそできる究極のビュッフェです。大人¥12,000、小学生¥8,000(ともに税金・サービス料込)。詳細は下記サイトにて。



  • 2021.03.21
    ジビエがもっと身近になる「HELLO! ジビエ」

    ジビエがもっと身近になる「HELLO! ジビエ」
    日本各地の里山で問題となっている、野生鳥獣による農作物被害。害獣として捕獲・駆除されていますが、自然が育んだ美味しい肉・ジビエとして有効活用することが出来ます。その為にも、一層の理解促進と販路拡大が課題です。その解決を目指す官民連携の取組「HELLO! ジビエ」のリーフレットが完成。鳥獣害対策の状況やジビエの基本情報をわかりやすく解説し、ジビエに関わる事業者がワークショップを通じて開発した商品、メニュー、旅などを紹介しています。









  • 2021.03.17
    「カルローズ」のおいしさを伝える 「#おいしいガンボ」プレゼントキャンペーン

    「カルローズ」のおいしさを伝える 「#おいしいガンボ」プレゼントキャンペーン
    USAライス連合会より、アメリカ南部のソウルフード「ガンボ」(ルイジアナ州伝の魚介や鶏肉をベースにしたスープ)を通じて、カリフォルニア⽣まれのおコメ「カルローズ」のおいしさを伝えるキャンペーンを開始します。特設サイトの「#おいしいガンボ」のページからクイズに答えると、抽選で15 名様に「サーモス スープジャーJBR-300」、100 名様に「ガンボ」作りに⽋かせない「GABAN®ケイジャンシーズニング」のいずれか各商品に、カルローズのサンプル⽶(400ℊ)&オリジナルレシピブック「カルローズ・キッチン」がセットで当たります。期間は3⽉15⽇(⽉)~4⽉30⽇(⾦)。応募は下記サイトにて。



  • 2021.03.16
    スパイスの組み合わせを、科学的に考察する

    スパイスの組み合わせを、科学的に考察する
    Stuart Farrimond "The Science of Spice"の日本語版、『スパイスの科学大図鑑』(¥4,950/辻静雄料理教育研究所監修/誠文堂新光社刊)が刊行されました。著者は食品科学を専門とし、科学と健康について専門誌や新聞に寄稿するスチュアート・ファリモンド氏。風味を豊かに、食欲を刺激するスパイスを、元素の周期表にアイデアを得た「スパイス周期表」で解説し、科学的視点でスパイスにアプローチ。スパイスを特徴づける風味の成分で分類し、風味を効果的に引き出す調理法を紹介します。スパイスの風味化合物を組み合わせて、特定の風味を際立たせるなど、伝統や個人の経験に基づいて行われてきたペアリングに科学を持ち込む視点は、目からウロコのアイデアが満載。



  • 2021.03.15
    ローカルレストランを称える新コレクション「エッセンス・オブ・アジア」を発表

    ローカルレストランを称える新コレクション「エッセンス・オブ・アジア」を発表
    イタリア・サンペレグリノ社が公式スポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」から、新コレクション「エッセンス・オブ・アジア(Essence of Asia)」が発表されます。新コレクションは、厳しかったこの1年を背景に、飲食業界が地域の文化的な要として、いかに素早く、かつ弾力性のある、そして地域にとって重要な行動をとってきたかを問われ、証明してきたかを示すものです。「エッセンス・オブ・アジア」は、「アジアのベストレストラン50 2021」のバーチャルセレモニーの前週、3月16(火)に、アジアのベストレストラン50のデジタルメディアおよびソーシャルメディアで公開される予定です。



  • 2021.3.12
    パルマハム協会がスペシャリストを目指すプロを募集

    パルマハム協会がスペシャリストを目指すプロを募集
    「パルマハム協会」では、良質なパルマハムを見極め、ベストな状態で提供し、かつパルマハムの魅力を語り伝えられるプロフェッショナルを「パルマハム・スペシャリスト」として任命し、未来のスペシャリストの育成に力を注いでいます。現在、パルマハムを既に取り扱っており、スペシャリストを目指したい方を募集しています。下記申し込みフォームに登録すると、スペシャリストによる講習会など様々な案内を受け取ることができます。



  • 2021.03.11
    日本サステイナブル・レストラン協会が「プラントベース」をテーマにセミナーを開催

    日本サステイナブル・レストラン協会が「プラントベース」をテーマにセミナーを開催
    飲食店を軸に持続可能なフードシステムの実現を目指す日本サステイナブル・レストラン協会(SRA-J)は、1つのテーマに対して、様々なシェフたちの考えやアプローチを掘り下げていくシリーズ「CreativeChefs Box」をスタート。第1回目は「プラントベースの可能性とこれからの食」と題して、ONODERA GROUPエグゼクティブシェフ杉浦仁志氏と、SRA-Jのメンバーレストランである東京・銀座「FARO」からエグゼクティブシェフ能田耕太郎氏とシェフパティシエ加藤峰子氏が登壇します。3月16日(火)15:00~16:00、Zoomによるオンライン開催。参加費無料。お申込みは下記サイトにて。



  • 2021.01.29
    至福のショコラで楽しむ、バレインタイン2021

    至福のショコラで楽しむ、バレインタイン2021
    エコール・ヴァローナ 東京よりバレインタイン向けオンラインセミナー「デセール・スー・クロッシュ&エリクシール・ダムール」をお届けします。ご自宅で、特別なギフトとして、お好みのスタイルで楽しめるヴェリーヌのデザートとノンアルコールカクテルレシピのご紹介です。デジタルレシピ、作り方をご紹介する動画URL、ヴァローナ オンライン・ブティック30%割引クーポンを含みます。講習費は3000円(税込)。2月12日(金)正午まで申込可。詳細は下記サイトにて。



  • 2021.1.18
    文化庁が「オンライン食文化シンポジウム」を開催

    文化庁が「オンライン食文化シンポジウム」を開催
    南北に長く四季があり、海に囲まれている日本には、豊かな風土や人びとの精神性、歴史に根差した多様な食文化が存在しています。この「食文化あふれる国・日本」を次の世代へ継承していくため、日本人が育んだ食文化の魅力を語るシンポジウムがオンラインで開催されます。パネリストとして、dancyu編集長・植野広生氏、同志社大学経済学部教授 文化政策研究者・太下義之氏、長野県立大学健康発達学部食健康学科教授・中澤弥子氏、懐石近茶流嗣家・柳原尚之氏の4名が登壇。「郷土料理」、「発酵文化」、「食の技や道具、しつらえ」をテーマとしたディスカッションを行います。2021年2月13日(土)14:00~15:30 (13:45開演)、参加費無料。お申し込みは下記サイトにて。



  • 2021.01.13
    シェフの本格的な味を楽しむ、「DEAN & DELUCA」の缶詰シリーズ

    シェフの本格的な味を楽しむ、「DEAN & DELUCA」の缶詰シリーズ
    DEAN & DELUCAより、ポルトガル料理、イタリア料理、スペイン料理、3名の個性豊かなシェフと共同開発した缶詰が発売。代々木八幡のポルトガル料理「マル・デ・クリスチアノ」佐藤幸二シェフのフレッシュなレモンが爽やかな「イワシのオリーブオイル煮」(864円)や神奈川・鎌倉のイタリア料理「オルトレヴィーノ」古澤一記シェフによるフィレンツェ郷土料理「フィレンツェ風トリッパと白インゲンの煮込み」(972円)、福岡・浮羽のスペイン料理「イビサ・スモーク・レストラン」尾花光シェフのオレンジとレーズンを合わせた「サバのエスカベッシュ」(864円)など、単体ではもちろん、オリーブ油や角切りトマト、レモンやハーブなどを加えても、さらにお酒が進みます。詳細は下記サイトにて。



  • 2020.12.29
    新潟発クラフトコーラ「Lagoon Cola」

    新潟発クラフトコーラ「Lagoon Cola」
    長野県長野市に拠点を置き、新潟県新潟市で飲食店「フルーツウェイカー」を展開する株式会社R.F.Eがクラフトコーラ「ラグーンコーラ」を発売しました。ボトリングは100種類以上のビールを手掛けるマイクロブルワリー、新潟麦酒株式会社が担当し、“新潟発のクラフトコーラ”として展開。新潟のPRの一助になることを目指し、ネーミングには新潟の「潟」に由来する「ラグーン」を冠しています。複数のスパイスを重ね、着色料、香料、化学調味料など食品添加物は不使用。「コーラ=体に悪い」のイメージを覆す、健康的なクラフトコーラとして楽しめます。詳細は下記サイトにて。



  • 2020.12.21
    Ginza Sony Parkに「かまパン&フレンズ」が登場

    Ginza Sony Parkに「かまパン&フレンズ」が登場
    徳島・神山町で「地産地食」を合言葉に農業・食堂・食料品店等を営む「フードハブ・プロジェクト」によるショップ「かまパン&フレンズ<ナチュラル物産館>」が銀座「Ginza Sony Park」地下3Fに登場。“友産友食―友と育て、友と食べる”を合言葉に、日本各地で生まれ、日常的に食べられている野菜や食品・調味料・飲料などをセレクトして販売します。神山町「かまパン」のパンに各地の名産品をはさんだ産直コンボサンドイッチや、全国各地の小さなパン屋のパンと焼き菓子、ご当地無添加ソフトクリームなど、日替わり&月替わりのメニューを楽しめます。詳細は下記サイトにて。



  • 2020.12.16
    「ジョエル・ロブション」のオリジナル・シャンパーニュとワインが新発売

    「ジョエル・ロブション」のオリジナル・シャンパーニュとワインが新発売
    食だけでなく、ワインにも深い愛情を注いだ故ジョエル・ロブション。氏の「至高の美食に合う最高のワインを提供したい」という想いから生まれたジョエル・ロブション・セレクションが発売。第一弾は、「シャンパーニュ・ラリエ ジョエル・ロブション」。マルヌ県アイ村の小規模ワイナリーの黒ブドウのピノ・ノワールを使い、自社畑の中でも特に品質の高いブドウを選んで限定生産しています。提供は恵比寿「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」、ジョエル・ロブションの各店舗(ブティック各店での販売は12月中旬から)他、12 月からは紀ノ国屋をはじめ、全国の小売店、酒販店でも販売を予定。



  • 2020.11.29
    シェフ・生産者・食卓を循環させるお取り寄せサービス

    シェフ・生産者・食卓を循環させるお取り寄せサービス
    ケータリングなどを手掛ける「2ndTable」が、11月1日より、調理技術者や設備を備えたシェアリングキッチンによるお取り寄せサービス「BISHOKURU」をスタートしました。コロナの影響による営業時間の短縮等、レストラン業界が抱える問題に着目。新たな収益源となることを目的に、持続可能なビジネスモデルの構築を目指すもの。参加シェフが日頃より使用する食材を用いて料理を考案し、店の味を極限まで再現するべく、試作を重ねた「シェフ渾身の一皿」を月2万食の生産体制で全国の食卓へ届ける予定です。



  • 2020.11.24
    「ザ・キャピトルホテル 東急」とギィ・マルタンのスペシャルディナー

    「ザ・キャピトルホテル 東急」とギィ・マルタンのスペシャルディナー
    東京・溜池山王「ザ・キャピトルホテル 東急」では、オールデイダイニング「ORIGAMI」にて、フランスの二ツ星「ル・グラン・ヴェフール」のシェフ、ギィ・マルタン氏がプロデュースしたスペシャルディナーコースを提供します。アンコウとバターナッツカボチャの料理や鹿肉と西洋ゴボウの料理など、随所にマルタン氏ならではの巧みな野菜使いを見ることができます。提供期間は2020年11月1日(日)~12 月 15 日(火)と2021年1月15日(金)~2月28日(日)。料金は1人10,000 円(税サ別)。詳細は下記リンクから。



  • 2020.11.18
    「とらや市 鉢」を2店舗で開催

    「とらや市 鉢」を2店舗で開催
    食にまつわる実用的な道具を展示・販売する「とらや市」(2014年より不定期開催)。その第9回目となる「とらや市 鉢」が、とらや 東京ミッドタウン店ギャラリーで12月2日(水)より、とらや 赤坂店で2021年1月9日(土)より開催されます。鉢は、皿よりは深くすぼみ、碗よりは浅く、口の開いた容器と定義されますが、形や大きさは多種多様です。本展では、鉢が食まわりでどのように使われてきたのかを辿りながら、普段の食卓に取り入れやすい鉢を紹介。展示・販売をする鉢に、家庭の素朴な料理を合わせた使い方の提案も行います。詳細は下記サイトにて。



ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録