HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy[Torino]

国際宇宙ステーションでも郷土料理を

Mar 11, 2019

  • トリノにある宇宙技術開発社アルゴテックが、欧州宇宙機関と共に“スペースフード・ラボ”という、新たな宇宙食開発事業を進めている。

    「今までの宇宙食は、極限の地でのクルーの健康維持が目的で、栄養価や賞味期限、保存方法が重視されてきました。しかし私達はフリーズドライやレトルト保存の限界を認知した上で、食材の味や食感、見た目の鮮やかさが、精神状態をポジティブにする大切な要素と考え、さらなる開発を進めています」と、シェフ兼栄養士であるステファノ・パラート氏。

    「食材はすべてオーガニック。宇宙での長期滞在のストレスを緩和させるため、クルー自身がリクエストした郷土料理を、ボーナスフードとしてメニューに組み込む試みも行っています」。パルミターノ飛行士は、前回のミッションでカポナータを持ち込み、ネスポリ飛行士はクルー全員とラザニアを分かち合った。今後はイタリアを代表する伝統料理ナスのパルミジャーナやティラミスも製品化予定。近い将来には一般販売も視野に入れている。

    (『料理通信』2019年2月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ ARGOTEC s.r.l.
    www.argotec.it

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD