SDGs / 連載 / 北海シェフからの便り

精鋭シェフ20人による魚の「研究チーム」による力とは?
「北海シェフからの便り」vol.8

フィリップ・クライスさんが、同志の料理人であるリュディ・ヴァン・ベイレンさんと共に、公式に「北海シェフ協会」を創設したのは2011年のことだった。8年を経て、協会のサポーターは、料理人を中心に今や1400名にものぼる。

Read More ...

Jul 19, 2022

料理コンテスト「魚料理、最高料理人賞」が魚の価値を引き上げる。
「北海シェフからの便り」vol.7

2018年11月19日、ベルギーのゲント市で「魚料理、最高料理人賞」のファイナルが行われた。目的は、北海の魚の豊かさをベルギーに広く知らしめ、知られざる魚の価値を上げていくことである。

Read More ...

Jul 12, 2022

ビーチで料理をふるまい、環境を語る。料理人のラジオ番組。
「北海シェフからの便り」vol.6

北海シェフ協会の代表、フィリップ・クライスさんは、夏のバカンスの間も協会の活動のために奔走している。


Read More ...

Jul 05, 2022

「北海シェフ協会」がブランドになる。水産卸業者との取り組み。
「北海シェフからの便り」vol.5

2016年から「北海シェフ協会」は、ベルギーで1、2を争う水産卸業者として知られるアイスランディック・ガデュス社と共同で事業を始めた。ガデュス社のこだわりは鮮度と捕獲に関するサステナビリティである。

Read More ...

Jun 28, 2022

二ツ星「ドゥ・ヨンクマン」の夏の魚料理。
「北海シェフからの便り」vol.4

夏の「ドゥ・ヨンクマン」へ足を運んだ。本連載の主役である「北海シェフ協会」代表、フィリップ・クライス氏のレストランだ。ブルージュ市の中心街から2キロほどの郊外にある。2006年のオープンから12年の歳月を重ね、2012年よりニツ星を維持している。

Read More ...

Jun 21, 2022

もう「貧しい魚」とは呼ばせない。
「北海シェフからの便り」vol.3

北海シェフ協会のメンバーと共にベルギー随一の漁港ゼーブルージュにある魚市場へ向かった。そこで行われていたのは、魚市場で開かれるシェフたちの勉強会だ。

Read More ...

Jun 14, 2022

海を守り、魚を守るビーチ・クリーンイベント
「北海シェフからの便り」vol.2

3月の最終日曜日、ベルギーではビーチ・クリーンイベント「エネコ・ビーチ・クリーン・カップ」が開催される。サーフライダーたちの危機感から始まったクリーン・ビーチイベント。海の現状を知り、エコロジーを訴える機会になっている。

Read More ...

Jun 07, 2022

海洋資源を巡るエコシステムを創る
北海シェフからの便り
vol.1 プロローグ~雑魚こそ北海のアイデンティティ

ベルギーの町ブルージュは、チョコレートの都として知られているが、実はチョコレートも含めて、ガストロノミーへの意識が高い町でもある。『ドゥ・カルメリート』など、長年ミシュランの3つ星を獲得してきた、若手にとってのエコールといわれる名店も多く、ヨーロッパから注目される時流に乗った店も多い。

Read More ...

May 31, 2022

  • 1

SDGs