HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia [Sydney]

バブルティーの次はチーズティー!

Aug 13, 2019

  • オーストラリアで空前の人気を誇っているのが、タピオカの粒がふんだんに入ったバブルティー(タピオカミルクティー)。数年前からアジア系移民の間で流行しており、台湾発のチェーン店「チャ・タイム!」や「ゴンチャ(貢茶)」が続々と店舗展開しているが、ローカル店も負けてはいない。

    シドニー市内中心部に構える「パレット・ティー」では、クリームチーズと生クリームを撹拌してふわふわにした“チーズフォーム”のオプションが好評だ。「マンゴーとメロンのジャスミンティー(7.5AU$)」など、新鮮な果肉たっぷりのフルーツティー5種にも、チーズフォームをのせて提供する。チーズのコクはあるがしつこさはなく、ほのかな塩気がフルーティな甘さと混ざって絶妙な味わいに。

    バブルティーは以前、甘さや紅茶の種類を選ぶなどオーダーが煩雑だったが、シンプル化を経てオージー全般に広がった。インスタ映えするのも後押しし、若者が行列を作っている。

    (『料理通信』2019年7月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ PaletTé
    Shop 181, 569 George Street, Sydney NSW 2000
    11:00~22:00(金曜、土曜は~23:00)
    無休
    www.palette-tea.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD