HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

スターシェフが集結した食の新名所

Dec 12, 2018

  • パリで最もシックな界隈7区に、2018年8月、食の大型施設「ボーパッサージュ」が誕生した。総面積1万平米に及ぶ屋根のない歩行者天国には、ヤニック・アレノのワインビストロ、ティエリー・マルクスのベーカリー、ピエール・エルメのカフェ、アンヌ=ソフィー・ピックのデリなど、フランスを代表するシェフの店が軒を連ねる。

    とはいえ肩肘張ったガストロノミーではなく、ランチなら15~20ユーロ位で食事を楽しめるセカンドラインだ。海鮮ストリートフード店、精肉店のビストロ、チーズの老舗「バルテルミー」も出店。外国からは唯一、京都発のカフェ「%アラビカ」が進出し、自家焙煎のコーヒーを販売する。

    近年、パリでは人気シェフの名前を冠した“ネーム・ドロッピング”が一つの大きな潮流。出自の確かな食材を、最高のレシピと技術で味わいたい消費者のニーズに応えた。「おいしいものをヘルシーに」と、敷地内にはビオ製品を揃えたスーパーやスポーツジムも併設。ここでは、パリの今の気分を瞬時に体感することができる。

    (『料理通信』2018年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Beaupassage
    53-55 rue de Grenelle 75007 Paris
    7:00~24:00
    無休
    www.beaupassage.fr

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD