HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Singapore [Singapore]

上質な食材を使って郷土料理に新風を

Oct 19, 2017

  • 「食」が国民最大の関心事とも言われるシンガポール。郷土料理の中でも、もっとも素朴な料理の一つ「ナシレマ」に情熱を注ぐレストラン「ココナッツ・クラブ」が、注目を集めている。

    ココナッツミルクで炊いたご飯、揚げた小魚やピーナッツ、キュウリの薄切り、卵、鶏肉など数種のおかずにチリペーストを添え、定食のように楽しむ料理だが、近年はランチョンミートを使うなど、食の多様化に伴い変化が見られるという。

    「僕らは古き良きスタイルを大切にしたい」と語るのは、経営者の一人リー・チャン・ワイさん。「ココナッツミルクは重要な素材なのに、質や味を追求する動きがほとんどない。マレーシア各地を数カ月回ってようやく出合ったココナッツミルクは、甘くて濃厚。おかずの味を受け止めるご飯に欠かせません」。

    価格はフードコートの倍近いが、約8割は料理のコスパにうるさい地元客。「良質な食材を使い、“郷土料理=安価”という固定観念を覆すことにも挑みたい」。そんな郷土料理を巡る新たな動きにも注目したい。
    (『料理通信』2017年9月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ The Coconut Club
    No.6 Ann Siang Hill, Singapore 069787
    ☎ +65-6635-2999
    11:00~15:00、18:00~21:00
    月曜、日曜夜休
    ナシレマ 12.8 シンガポールドル

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD