HOME 〉

発酵 vs スパイス  雑誌『料理通信』2012年6月号 | 料理通信

発酵 vs スパイス  雑誌『料理通信』2012年6月号 | 料理通信

MAGAZINE





    • 2012年6月号 定価: 1,026円(税込)
    • 目次を見る
    • 巻頭特集

      発酵 vs スパイス


      知って得する!
      スパイス&発酵レシピ110

      • 発酵が作る味は時間が作りだす世界。扱う側は、自然の力に寄りそう忍耐が必要です。一方スパイスは、扱う人次第でまったく違う世界を作りだせる錬金術に近い世界。それぞれの世界に魅せられた"男子"をクローズアップし、入門編~上級編レシピまで、新しい味の扉を開くヒントを伝授してもらいます。

    • 新・発酵男子新聞

      • 肉にビールにピッツァ……。発酵という変化の過程に魅せられた、若き「発酵男子」たちの動向と、旬な発酵食品の魅力をピックアップ。肉の発酵に夢中な某所のシェフたち、ガストロノミーで塩麹を使うシェフ、醸造に人生をかけるビール職人など、男子の探求心は尽きません!

    • 第2特集

      肉食も虜にする
      ベジタリアン・クッキング

      • 近年、肉を食べない人が世界的に増えています。海外からの顧客の多いレストランのシェフたちも、「ベジタリアン/ヴィーガン対応」に真剣に向き合わねばならなくなってきました。そこで、ベジタリアンとそうでない人が一緒に"美食"を楽しめるグルメ派レストランで、肉食も虜にするベジタリアン・クッキングの秘密を教えていただきます。

    • 人気連載


      【Food/蔵プロダクツ】
      鹿児島

      • 味噌、醤油、日本酒など"蔵"が生み出す味の数々……。先月号から、日本各地の発酵食品を紹介する連載がスタートしています。名付けて「蔵プロダクツ」。先月の沖縄県に続いて、今回は鹿児島県をご紹介。味噌や本枯節など、日々の食卓に残したい、日本の伝統食品ばかりです。あなたの郷土の味も、近いうちにご紹介できるはず。お楽しみに!

    • 人気連載

      【絶対作れる! 挑戦レシピ】
      スープ・ド・ポワソン

      • シェフ直伝! 人気メニューに挑む好評連載。今回は代々木「レストラン・キノシタ」に学ぶ「スープ・ド・ポワソン」です。20年の間にマイナーチェンジを繰り返し、濃厚系からさっぱり系へと変化を遂げ、今もオーダーが増え続けている人気料理。使う魚介はわずか2種類というから驚きです!さあ、レシピを徹底解剖しますよ。