HOME 〉

148通りのパン、食べ方と作り方 雑誌『料理通信』2012年7月号 | 料理通信

148通りのパン、食べ方と作り方 雑誌『料理通信』2012年7月号 | 料理通信

MAGAZINE





    • 2012年7月号 定価: 1,026円(税込)
    • 目次を見る

    • 巻頭特集

      148通りのパン、食べ方と作り方

      空前のパンブーム!
      人気の新店&実力店ガイドとレシピ

      • おいしいパンがあれば、手の込んだ料理がなくても、豊かな気持ちになります。それはきっと、たった1個のパンにも、ブーランジェたちの気の遠くなるような仕事が詰まっているから。そんな彼らに、パンをおいしく作るワザ、おいしく食べるコツを教わりました。空前のヒットとなった「パンの食べ方・作り方」特集第2弾です!

    • バーガーブーム、世界を席巻中!
      TOKYO BEST BURGER

      • 数年前のグルメバーガーブームは世界各国に飛び火して、素材の高級化や地産地消を意識した素材選びなど、それぞれの国での発展を遂げています。食のグローバル化が進む中、ハンバーガーよどこへ行く? 日々進化を遂げる東京のグルメバーガー事情とともにお届けします。ハンバーガーに1000円以上なんて無理! と敬遠されたのはもう遠い過去……。

    • 『パンラボ』×『料理通信』
      イングリッシュマフィン テイスティング!

      • 「あらゆるパンを等しく愛する」愛パン家たちが、ひとつのテーマに沿ってパンを徹底観察する<パンラボ>。今回は、主宰・池田浩明さんとパン職人・橋本宣之さんに『料理通信』編集部にお越しいただき、出張ラボを敢行しました。パンへの愛を通り越してもはや偏愛か? と思わざるを得ない、愛情溢れる珍言が飛び交います。ご期待ください。

    • 第2特集

      酒屋に教わる「さ・し・す・せ・そ」

      • その昔、町の酒屋は、酒はもちろん、醤油や酢、みりんといった調味料も網羅する「蔵もの専門店」でした。時代とともに酒屋の姿も変わりましたが、全国を巡り、造り手の顔が見える良質な「蔵プロダクツ」を揃える酒屋は、実は今も健在です。そんな、今に生きる「三河屋」を訪ね、良質な「さしすせそ」の選び方&活用法を店主に教わります。 

    • 人気特集

      【絶対作れる! 挑戦レシピ】
      野菜のクスクス

      • シェフ直伝! 人気メニューに挑む好評連載。今回は、コンゴ音楽が店内を漂う渋谷「ロスバルバドス」に学ぶ「野菜のクスクス」。動物性ゼロとは思えないほど、味に深みのあるロスバルバドスのベジ系クスクス。その秘密はドライトマトにありました。この夏、リピート間違いなし! のレシピを公開します。さあ、作り方を徹底解剖しますよ。