HOME 〉

146通りのパン、食べ方と作り方 料理通信2013年6月号 | 料理通信

146通りのパン、食べ方と作り方 料理通信2013年6月号 | 料理通信

MAGAZINE






    • 2013年6月号 定価: 1,026円(税込)
    • 目次を見る

    • 巻頭特集

      146通りのパン、食べ方と作り方

      自慢の食パン一挙公開!
      60人のパン職人によるガイド&レシピ
      • 日本人にとってのパンの代表と言えば「食パン」。誰にとっても食べやすく、具材を挟むなど、ひと手間かけて自分なりの食べ方ができるのも魅力です。パン屋さんを覗いてみれば、参考にしたくなる食べ方のヒントがいっぱい。今年も、パンの作り方のコツとワザから、食べ方のバリエーションをパン屋さんにたっぷり教えていただきます!

    • 食パンカタログ[東西50軒]

      • 東西50軒のパン屋さんに食パンアンケートを実施!「粉」「副材料」「酵母」「製法」のほか、ポイントをわかりやすくまとめて一挙公開です。人気のパン屋さんに聞いた“自慢の食パン”データ、ご覧ください!

    • 生地から考える
      パンの食べ方作り方

      • パン屋さんでおなじみの基本パンは、店の個性をつくる大切な存在。お客さんにどう食べてもらいたいか、という考えが込められています。そこで、作り方からアレンジ法まで教えていただきました! レシピ&バリエーションを紹介します。

    • 第2特集

      現代人の食を救う
      新・乾物レシピ

      • 3.11の震災をきっかけに、「乾物」が密かに注目を集めています。常温で保存ができて、軽く、経済的。実は一人暮らしや忙しくて買い物に行く時間がない人こそ役に立つ、目からウロコの乾物活用術を紹介します。

    • TOPICS

      おいしくなったイギリスへ急げ!

      • この変わりようはいったいどうしたことだ! コーヒーがおいしい、パンがおいしい、日常の食がどこもかしこも豊かになっている。「イギリスはまずい」と言われたのはもはや遠い昔の話。活気溢れるロンドンのカフェ、レストラン、マーケットから、イギリスの食の変身ぶりをリポートします。

    • 人気連載

      【食の世界の美しき仕事人たち】
      日本酒マーチャンダイザー

      • 自ら肩書きを作りながら、食の世界でさまざまに活躍する仕事人を紹介する人気連載。今回紹介するのは伊藤明子さん、日本酒を海外に正しく伝える、文化の翻訳者となっている。「パリで、日本酒を売っていく」ということは? 美しき仕事術をどうぞご覧ください。