HOME 〉

毎日の食を楽しく、豊かに!小さな食の専門店 料理通信2014年4月号 | 料理通信

毎日の食を楽しく、豊かに!小さな食の専門店 料理通信2014年4月号 | 料理通信

MAGAZINE





    • 2014年4月号 定価: 1,026円(税込)
    • 目次を見る

    • 巻頭特集

      小さな食の専門店 vol.2

      毎日の食を楽しく、豊かに!
      • 専門店のよさは、より深い味の世界へ食べ手を導いてくれるところにあります。近頃は「こんなものまで!」と驚くようなアイテムの専門店が登場。新ジャンルの専門店を訪ね、味づくり&店づくりのヒントを探りました。

    • この味で勝負する!
      新・小さな食の専門店

      • アルゼンチンソーセージ、フォカッチャ、ベトナムおこわ、スリランカカレー、おはぎなど、ノンジャンルで新ジャンルな専門店。狭く、深く、味を極める全11店を、人気メニューのレシピ付きで紹介します。朝昼晩使える“万能”さ、唯一無二の“新感覚”など、客の心を鷲掴みにする店づくりのポイントも必見です!


    • パリ発 単品スイーツ専門店

      • パリでは単品スイーツの店が続々と誕生。お尻からクりームをたっぷり出す「シュークリーム専門店」、自由な発想の「ミニカップケーキ専門店」、酒のアテにもなる「シフォンケーキ専門店」、南仏の地方菓子「トロペジェンヌ専門店」。その手があったか! という工夫満載のパリ・スイーツ最新動向です。


    • 村の料理、おばあちゃんの味
      欧州編

      • 郷土料理は、食の知恵の宝庫。その土地で暮らす人たちの、知恵と工夫が込められています。小麦が採れない土地ならでは主食、硬くなったパンをスープに浸す再利用の一皿、家畜の頭から内臓まで余すところなく料理に役立てる知恵――。人々の暮らしぶりや土地に根差した料理を紹介します。


    • 人気連載

      イタリア土着ブドウ品種

      • イタリア各地に根付く土着ブドウ品種と郷土料理の美味なる関係を「ヴィーノ・デッラ・パーチェ」内藤和雄さんが案内する人気連載の第32弾。今月はウンブリア州の「サグランティーノ」。中世の文献から登場し、高貴な宗教的背景を窺わせる土着品種です。奥深きイタリアワインの世界を訪ねてみましょう。


    • 人気連載

      新米オーナーズストーリー

      • 独立なんて考えもしなかった料理人が、自分の店を持ちました。理由はひとつ、「二度とクビになりたくないから」――。500万円あれば店ができる、と気づいた時から店のオープンに至るまで、新米オーナーの軌跡を追いました。物件取得費、設備投資費など開業資金データのほか、設計・施工会社などの開業データ付き。