HOME 〉

MEETUP

5月11日(水)開催・終了アンデスの標高差が育んだワイン「テラザス」

牛肉から紐とくアルゼンチンワインの魅力

Apr 14, 2016




「主食は牛肉」ともいわれるアルゼンチンからやってきたワイン「テラザス」を、西麻布「カルネヤサノマンズ」高山いさ己シェフの牛肉料理に合わせて味わうMEETUPを開催します。

当日は、「テラザス」のワインメーカー、グスタボ・ウルソマルソ氏が来日。アンデス山脈の標高差が育んだワインの魅力をたっぷりレクチャーいただきます。
年間の1人あたりの牛肉消費量は日本の約10倍ともいわれるアルゼンチン。「カルネヤサノマンズ」高山シェフの牛肉料理にあわせて、日常に牛肉がある国ならではのワインについて学びましょう。

*今回は、ソムリエ、料理人限定での開催となります。

<アルゼンチンワイン、テラザスを知る>
「テラザス」は、アンデス山脈の山麓でつくられています。
トロンテスは1800メートル、シャルドネは1200メートル、マルベックは1067メートル、カベルネは980メートルと、各品種に最も適した生育条件をもつアンデス山脈の標高が選ばれ育まれるというテラザスならではのワイン造りについて、ワインメーカーであるグスタボ氏ご自身から、レクチャーいただきます。
そこからアルゼンチンの土地や歴史、そして文化などが垣間見えていくことでしょう。
今年4月に行われる「第15回A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール アルゼンチン大会」のレビューなども。




<マリアージュの体験>
牛肉に合うことから“BEEF WINE”ともいわれるテラザスと、料理界屈指の牛マ二アとして知られる「カルネヤサノマンズ」高山いさ己シェフによる牛肉料理のマリアージュを体験いただきます。




<皆で語る>
レストランを借り切って限定20名での食事会。今回はソムリエ、お料理人限定の会ということで同じテーブルを囲む参加者同士、同じ目線で食について語りあうことができる場でもあります。参加者の皆さんに加え、シェフ、流通の担い手もご一緒して、語り合いましょう。
*セミナープログラムの内容につきまして、一部変更となる場合もあります。

Meetup Detail
date: 2016年5月11日(水) 14:00~16:00(開場13:30)
place: 「カルネヤサノマンズ」
〒106-0031
東京都港区西麻布3-17-25 KHK西麻布ビル
Tel. 03-6447-4829
最寄駅「広尾」から徒歩約10分



fee: 無料
capacity: 20名
condition: 飲食店経営またはお勤めの方。ソムリエ、または料理ご担当者で、ワインのセレクションに携わっている方。
hosted by 株式会社 料理通信社
sponsored by MHDモエヘネシーディアジオ株式会社

How to Apply
参加には、会員登録(無料)が必要となります。
下記の申込フォームよりお申し込みください。申込後、イベント受付メールをお送りいたします。
応募締切は2016年4月24日(日)。※応募者多数の場合は抽選となります。

2016年4月24日(日) 応募締切
2016年4月27日(水) 抽選結果発表(ご応募いただいた方全員にお知らせメールを送ります)









  • 受付終了






料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

MEETUP / UPCOMING