HOME 〉

RECIPE

ゆでる工程なし。水で戻したヒヨコ豆で作るコロッケ「ファラフェル」

フェーズフリーな食材レシピ:ヒヨコ豆

Sep 08, 2022

photographs by Hiroaki Ishii

乾物や漬物など、常温で長期保存でき、ビタミンやミネラルなど栄養価も高い食材は、備蓄食品にも向く優れもの。普段から食事に取り入れ、使い慣れることで、「いざという時に賞味期限が切れていた」「食べ慣れない味で食が進まない」という問題も避けられます。「いつも」と「もしも」をつなぐフェーズフリー*な食材を、おいしく活用するレシピ。今回は、ゆでる工程なし! 水で戻したヒヨコ豆で作るコロッケ「ファラフェル」の作り方を教わります。


常備したい食材:ヒヨコ豆
教えてくれたシェフ:東京・広尾「タイーム」ダン・ズッカーマンさん

東京・広尾のイスラエル料理、「ta-im(タイーム)」オーナー・シェフ。イスラエル・テルアビブ出身。日本に住んで20数年。エルサレム大学で日本語を専攻し、合気道、太極拳、気功など東洋文化にハマる。英国で鍼灸を学び、イスラエルでクリニックを経営していた経歴を持つ。店名はヘブライ語で「おいしい」の意味。

残した豆の粒でカリっとした食感に

ヒヨコ豆のコロッケ、ファラフェルは中東の定番料理。100%植物性で、ヴィーガンにも対応できる料理として欧米でも大人気のヘルシーフードです。

一言でファラフェルと言っても、実は国によってレシピもいろいろ。イスラエルではコリアンダーとパセリを使うことが多いですね。ハーブはたくさん入れるほうがおいしいし、緑の色もきれいに出ます。スパイスはクミンを欠かさずに! クミンのないファラフェルは考えられません。

ヒヨコ豆は水に一晩浸けて戻します。豆に水をたっぷり吸わせないと、ペーストにしたときの歯触りが悪くなってしまうので、時間をかけて。戻したヒヨコ豆はハーブやスパイスと一緒にフードプロセッサーにかけます。完全になめらかにせず、少し粒が残っている状態にとどめておくのがコツ。油で揚げたときに、この大きめの粒が、カリッとした衣の食感に変わってきます。

冷蔵庫でタネを休ませたら、直径3~4cm程度の大きさに丸めて油で揚げます。アイスクリームディッシャーのような、すくって丸めるファラフェル専用の器具があり、ネットで取り寄せもできますが、スプーンで代用してもいいですよ。衣をつけずにそのまま揚げるので、日本のコロッケみたいに大きくすると崩れやすくなるし、食べにくいので気をつけましょう。

ファラフェルに添えるタヒーニソースを作るとき、ゴマペーストにレモンを加えると硬くなるので水を加えてゆるめます。冷たい水のほうがなめらかになりますよ。ファラフェルのタネもタヒーニソースも、作り置きが便利。タネは丸めた状態で冷凍すれば、食べたいときにサッと揚げられます。


「タイーム」のファラフェル 材料と作り方

[材料](作りやすい分量)

ヒヨコ豆・・・1kg
タマネギ・・大1個
ニンニク・・1片
唐辛子・・・1本
ハーブ(コリアンダー、イタリアンパセリ)・・・各50g
クミン(粉末)、塩、コショウ・・・各5g
コリアンダー(粉末)・・・3g
重曹・・・2.5g
白ゴマ・・・200g

<タヒーニソース>
ゴマペースト500g、レモン汁1個分、オリーブ油適量、ニンニク(おろす)4片、塩10g、水500ml

[作り方]

[1] ヒヨコ豆を水に浸ける
ヒヨコ豆はざっと水で洗い、表面の汚れを落とす。豆の4~5倍の水に浸け、戻す。(約12時間)

[2] 時間をかけて吸水させる
十分に吸水した豆(左)は乾燥時(右)の2倍強の大きさになっている。
POINT:市販の茹でヒヨコ豆は揚げる時に崩れるのでNG

[3] 材料を合わせる
のヒヨコ豆と適当な大きさに切ったタマネギ、ニンニク、唐辛子、ハーブをフードプロセッサーに入れる。

 [4] ペースト状にする
クミン、コリアンダー、重曹、塩、コショウを加えてフードプロセッサーで撹拌し、ペースト状にする。
POINT:量が多い時は分けて撹拌するとよい


[5] おから状が目安
少し粒が残っている程度のおから状にする。ボウルに移す。

[6] 手でよく混ぜる
ゴマを加え、手を使ってよく混ぜてしっとりさせる。表面を平らにならしてラップをし、冷蔵庫で1時間休ませる。
POINT:よく混ぜて寝かせると揚げた時に崩れにくい

[7] タヒーニソースを作る
ボウルにゴマペースト、レモン汁、オリーブ油、ニンニク、塩、冷水を入れて混ぜる。
POINT:水は冷水で!

[8] とろみが残る程度に
少しとろみがあり、スプーンから流れ落ちる濃度になるよう、状態を見て水を加える。味つけも好みで調節する。

[9] 成形する 
ファラフェル専用の器具にをこんもり詰める。器具がない場合は適当な大きさに手で丸める。
POINT:スプーンでも可


[10] 揚げる
180℃のサラダ油(分量外)にを落とし、こんがり色よく揚げる。皿に盛り、レタス(分量外)、タヒーニソースを添える。
POINT:衣はつけず素揚げに

外側はカリッと香ばしく、中はしっとり。豆のこっくりした旨味とスパイスやハーブの爽やかな風味が口いっぱいに広がる。タヒーニの酸味が加わって完成するおいしさだ。

<応用編:ファラフェルサンド>

ピタパンをオーブントースターで温め、半分に切る。

ピタパンの空洞にファラフェルを入れ、適当な大きさに切ったキュウリ、トマト、レタス(分量外)を加えてタヒーニソースをかける。



◎イスラエル料理 タイーム
東京都渋谷区恵比寿1-29-16 ベルハイムC
☎03-5424-2990
11:30~14:30LO、18:00~22:00LO(月曜、火曜、木曜~土曜)
18:00~21:00LO(日曜、祝日)
水曜休
東京メトロ広尾駅より徒歩10分 
https://www.ta-imebisu.com/

※新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。事前に店舗に確認してください。

*フェーズフリー(Phase Free)は、防災の専門家として活動を続けてきた佐藤唯行氏が2014年に提唱した考え方。

(雑誌『料理通信』2018年7月号掲載)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。