HOME 〉

FEATURE / MOVEMENT

9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店でサントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.1

和素材の奥に潜む味を引き出す、日本のソーヴィニヨン・ブランの理想形。

Sep 06, 2016

Photographs by Tsunenori Yamashita

てんぷら山の上 Roppongi
鱧、とうもろこし x ジャパンプレミアム 津軽ソーヴィニヨン・ブラン2015




「優れた日本のソーヴィニヨン・ブランを探していたんですよ」と、「てんぷら山の上 Roppongi」の寺岡正憲副料理長は語ります。「和食に合わせる日本ワインと言えば甲州ですが、和の趣きを持つソーヴィニヨン・ブランがあったら、てんぷらと合わせてみたいと考えていました」。
「このワインに出会って、探し物を見つけた気分です」とうれしそう。

ソムリエの資格を持つ寺岡正憲副料理長

「昆布だしのような旨味を連想させる香り、同時に、ソーヴィニヨン・ブランらしいハーブ香とマスカットの熟した甘味の香り、そして、奥底から青リンゴと青い和柑橘の香りがやってきます。味わいには、すだち的な酸と引き締まったミネラル感、広がりのある旨味、日本酒に似たニュアンスもありますね」。寺岡副料理長は、「日本のソーヴィニヨン・ブランの類稀な成功例」と評します。

事実、「津軽ソーヴィニヨン・ブラン 2015」は今年の日本ワインコンクールで金賞を受賞しました。
てんぷらはすべての食材に主役・脇役を作らず、各々の個性をシンプルに味わう料理です。
「津軽ソーヴィニヨン・ブラン 2015」がひとつ一つの食材にやさしく寄り添います。
「ことに、これから脂がのってくる鱧と抜群の相性を見せてくれますね。ワインにコクがあるので鱧を爽やかに感じさせてくれますし、甘味も引き出してくれます」。

寺岡副料理長からのもうひとつの提案が、とうもろこし。「とうもろこしの旨味が引き出されるだけでなく、ワインの旨味もぐっと出てきます」。ワインと同じ青森産のブランドとうもろこし「嶽きみ」が運よく入荷されていたなら、同郷同士のマリアージュを楽しむチャンスです。

「ワインもてんぷらも、ぶどうや食材を作る人がいて、その上に高められてきた文化です。生産者の仕事に敬意を払いつつ、おいしさをお客様に伝えたいですね」

サントリー日本ワインの魅力を、品種産地比較、ヴィンテージ比較で体感するMEETUPを開催します!詳細は近日中にUP予定!

<店舗&バイ・ザ・グラスフェア情報>



◎てんぷら山の上 Roppongi
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン
ガレリア内ガーデンテラス3F
☎ 03-5413-3577
平日11:00~14:00LO 17:00~22:00LO
土 11:00~22:00LO
日祝11:00~21:00LO 無休

バイ・ザ・グラスフェア
期間:2016年9月6日~2016年11月5日
オンリストワイン:ジャパンプレミアム 津軽ソーヴィニヨン・ブラン2015 
グラス 1200円/ボトル7000円(税別・サ別)
あわせたお料理:鱧、とうもろこし
(いずれもてんぷら定食の一品として。単品での注文も可) 
「色合いは淡くとも、ハーブ香、青リンゴ、和柑橘など、驚くほど香りが立つ」ワインの持ち味がてんぷらの良き相方となる。「津軽ソーヴィニヨン・ブラン2015」は今年の日本ワインコンクールで金賞を受賞。

*食材の入荷がない場合、料理のご提供は、むずかしい場合もございます。予めご了承ください。



料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

FEATURE / MOVEMENT