HOME 〉

JOURNAL / WORLD

England [London]

地元フーディーが注目する“モダン・アフリカン”

Jun 11, 2018

  • ロンドン1の繁華街ピカデリー・サーカスにほど近い新開発エリア、セント・ジェームズ・マーケット内に、2017年7月にオープンした「イコリ」。英国の旬の素材をメインに使ったモダン・ヨーロピアン料理に、西アフリカのスパイスや食材をアレンジした創作メニューで、新しもの好きのフーディーの間で話題だ。

    創始者は、学生時代からの友達、ナイジェリア出身の起業家イレ・ハッサン=オダカーレ氏と、世界屈指のファインダイニング、デンマークの「ノーマ」で修業をしたヘッドシェフ、ジェレミー・チャン氏。

    スコットランドから直輸入したホタテは、焦がしたクリームと、アフリカの代表的な食材である調理用バナナのプランテン、キャビアを添えて。アフリカ版パエリアと言われるトマトベースの米メニュー「ジェロフライス」は、ボーンマロー(牛の骨髄)や燻製のカニを使ったクリームで仕立てるなど、伝統的かつ素朴で滋味深いアフリカ料理を、ガストロノミーの域に押し上げたチャン氏のクリエイティビティが光る。

    (『料理通信』2018年5月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Ikoyi
    1 St. James's Market, London, SW1Y 4AH
    ☎+44-(0)20-3583-4660
    12:00 ~15:00、18:00~23:00
    日曜休
    スモーク・クラブ・ジェロフライス 25 ポンド
    https://ikoyilondon.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD