HOME 〉

最新号のご紹介 雑誌『料理通信』

雑誌『料理通信』2019年4月号

MAGAZINE




  • 2019年4月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      和の手仕事、いただきます。

      • 和食は素材の味を大切にする、と言われますが、調理工程がシンプルなぶん、素材の選び方や下拵えで味は大きく変わります。プロにとっては当たり前と思われる日々の手仕事に、和食をおいしく作るコツを探します。

    • 朝の定食に学ぶ<和食のきほん>

      • 日本人がずっと食べてきたソウルフードといえば朝ご飯。「朝から営む新しいスタイルの定食屋」として人気の「丹」の朝定食に和食の基本を学びます。蒸し物・和え物・煮炊き物・漬け物・汁もので、コツを習得!


    • 春が待ち遠しくなる和の手仕事

      • 旬の食材を味わうのが和食の醍醐味。ただ、年に一度しか目にしない食材は、扱い方がわからず敬遠しがち。春しか味わえない美味を楽しむための下ごしらえの基本、持ち味の引き出し方を教わります。


    • 思い立ったらすぐに作れる「和の甘味」

      • 東京・神楽坂の鍋料理店「御料理 山さき」では、デザートの甘味を全て手作り。仕込みの合間に作れるおいしいあんの炊き方と、手軽で楽しい甘味のバリエーション、「きんつば」「あんみつ」「どら巻き」にチャレンジ!


    • 第2特集

      長尾智子の小さく仕込む自家製

      • 長尾智子さんの小さな自家製は、その多くが季節を問わず、家にある材料で、気負わず短時間に作れるものばかり。食べきるための展開術も豊富です。小さな自家製を日常にするヒントを長尾さんのキッチンからお届けします。


    • 人気連載

      料理上手と呼ばれたい・・・。
      「エビフライ」

      • 映画コメンテーターの有村昆さんが、みんなに愛される洋食の王様メニュー「エビフライ」に挑戦! 東京・京橋「レストラン サカキ」に、冷凍エビをプリプリ、サックサクの絶品エビフライにするコツを教わります。


    • 人気連載

      生涯現役

      • 世間では定年と言われる年齢を過ぎても元気に仕事を続けている“生涯現役”な食のプロたち。今回の主役は、東京・新橋「千嶋秩父」の千島よし江さん(御年83歳)。女将を慕って店を訪れるお客を、日々温かい笑顔で迎えます。

    •  目次&中身を見る




2019年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録