HOME 〉

最新号のご紹介 雑誌『料理通信』

雑誌『料理通信』2019年6月号

MAGAZINE




  • 2019年6月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      あのパン屋さんの生地がおいしい理由。

      • 小麦の種類、挽き方、酵母の育て方、発酵法などの探求が進み、生地作りのパーツが出揃った今こそ、“生地”と真正面から向き合うタイミング。評判のパンの味と食感と作り方を写真で詳しく紹介します!

    • “パン生地のニュースタンダード”を考える

      • フランスパン、ドイツパンなど、国名で語られた時代は一区切り。どんな生地をどんな形で焼き上げるのかは、個人が決める時代です。そんな時代の“基本の生地”と“この生地さえあれば”をレシピ付きでお届けします。


    • 何でもテイスティング講座・SPECIAL
      「食パン」

      • ここ数年、専門店のオープンが相次ぎプレミアムな食パンが注目を浴びています。そんな食パンを、食のプロ2人がテイスティング。その数18種! 日本で独自に発展を遂げた食パンのこれまでと現在を語ります。


    • あんこさんが育てる自家培養酵母とパン生地

      • 主婦からパンマニア、時にはプロのパティシエやブーランジェまで思わず見惚れるパンをブログやSNSで発信するあんこさん。自家培養酵母の魅力と、日々、家族のために焼くパンづくりに迫ります。


    • 第2特集

      都市で小さな農業を!
      アーバン・ファーミングのはじめ方

      • 今、世界では、都市生活者が自宅のベランダや庭、ビルの屋上などを利用して野菜を育てる
        “アーバン・ファーミング”の動きが広がっています。都市で働きながら実践できる「小さな農業のはじめ方」を国内外の先達に学びます。


    • 人気連載

      料理上手と呼ばれたい・・・。
      「ガスパチョ」

      • 暑い夏が近づくと飲みたくなる、トマトの冷製スープ、「ガスパチョ」。タレントの光浦靖子さんが、「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」の夏のスペシャリテ、フレンチ仕立てのエレガントなガスパチョに挑戦します。


    • 人気連載

      生涯現役

      • 世間では定年と言われる年齢を過ぎても元気に仕事を続けている“生涯現役”な食のプロたち。今回の主役は、静かな住宅街で50年以上、一人でバウムクーヘンを焼き続けている大年壮さん(御年80歳)にご登場いただきました。

    •  目次&中身を見る




2019年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録