HOME 〉

シェフ100人 雑誌『料理通信』2012年5月号 | 料理通信

シェフ100人 雑誌『料理通信』2012年5月号 | 料理通信

MAGAZINE





    • 2012年5月号 定価: 1,026円(税込)
    • 目次を見る

    • 巻頭特集

      シェフ100人

      • 「レストランはどうあるべきか?」――が問われています。巻頭特集には、若手からベテランまで、フレンチ・イタリアン・和食・中国料理のシェフ100人が登場。シェフたちが描くヴィジョンの中に、これからのレストラン像~必要とされる店づくり~をあぶりだします。

    • 今、注目すべき支配人9人

      • 料理だけでなく店としての総合力が求められる時代です。そこで、注目すべき若手オーナー支配人の店づくりをクローズアップ。「使い勝手のいいヤツになる」「必要な無駄は残す」「日本式のもてなしに徹する」など、支配人が語る"必要とされるためのキーワード"も必見!

    • "新・ガストロノミー"へようこそ。

      • 「ガストロノミー」を遠い存在と思っていませんか? 高級でゴージャス、重厚で難解――そんなイメージを抱いているのでは? としたら、ちょっと損しているかもしれません。最新のガストロノミーはシンプルで軽快です。世界の最前線で活躍する日本人シェフも登場しています。さぁ、新しいガストロノミーの世界を覗いてみませんか。

    • 人気特集

      【絶対作れる!挑戦レシピ】
      ショコラショーユズマッチャ

      • シェフ直伝! 人気メニューに挑む好評連載。今回のテーマは「ショコラショーユズマッチャ」。アンリ・ルルーが伊勢丹新宿店の「サロン・デュ・ショコラ2012」で限定 発売したホワイトチョコレートのショコラショー。抹茶の苦味と柚子のほのかな酸味が溶け込んだ軽やかな口当たりは、これからの季節にピッタリです!

    • 第2特集

      【安くて旨くて、何が悪い!】
      一芳亭本店

      • 薄焼き卵を皮に使ったしゅうまいが人気の難波「一芳亭本店」。戦後間もない頃、小麦粉の代用として卵を使ったのが始まりで、1日に売れる数は8000個! 店内では、数少なく潔いメニューの中からあれこれ選んで、たらふく食べて飲んでも1人3000円でお釣りがくる。「安くて旨い(何が悪い!)大阪の店」を ご紹介します。